第30節 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

うーーん、遠藤は本当に凄い…。

という事で、アウェイのガンバ戦ですけど、結果は1-1。同時刻に行われた仙台も引き分けだったので同じ勝ち点1を上積んで差は変わらずでした。

ガンバ、やっぱり中盤のクオリティが凄いです。ボールを取りに行ってもワンタッチ、ツータッチで外されるから迂闊に飛び込めず。しかし、元々サンフレッチェはリアクションのディフェンスなので、まぁその辺は割り切りかと。危険なPA内での仕事はほとんどさせる事が無かったので、守備はまぁまぁだったのかな。それでも1失点したのはさすがガンバ。家長のビシっと入れた縦パス、レアンドロの気の利いた落とし、それから遠藤の個人技の凄まじさ。あれは敵ながらシビれました。

あと、レアンドロから二川に繋いだシーンもビッグチャンスでしたが、そこは西川が上手くプレッシャーを掛けてくれたので助かりました。レアンドロは最前線から真面目に追い回すし、ボールも捌けるし、良い選手。しかしそのレアンドロにシュートまでやらせなかったサンフレッチェの守備陣はナイス。

総じてガンバのパス回しに翻弄されながらも最後のところまで持って行かせなかったのは良く耐えたと思います。そういうガンバの攻撃力を1失点で抑えた守備面では奮闘が目立ったものの、攻撃に関してはガンバの足元にも及ばなかったと思います。

まず前から来るガンバの守備をかわせずにロングボールを蹴る事が多かった事、そしてそのセカンドボールを悉くガンバに抑えられた事。この時点で攻撃の形の70%は無効化され、更に2シャドーの高萩と森崎浩司が消えていた事。特に高萩のパスはほとんど通らず、攻めをシュートで終わらせませんでした。

だから石原を先発で使えと何度言えb(ry

後半20分過ぎに石原が入って攻撃が活性化したのは決してガンバの運動量が落ちただけではありません。石原が自分で動いてボールを貰ってくれる、タメを作ってくれる、ドリブルで相手を引き付けてくれるから両サイドバックが良い位置を取れたり、高萩が余裕を持ってボールを受ける事ができます。得点を決めたシーンも石原にボールがこぼれた時に相手にボールを奪われず、折り返すところまでやれたから生まれた得点です。

繋がりませんでしたが、寿人がワンタッチではたいた先に居たのも石原。この2人の関係性は抜群だと思います。高萩にとっても、どんどん動いて色んなスペースを作ってくれる石原の方が絶対やり易いと思います。ここ最近の高萩はボールにあまり触れないから、前のように一発を狙い過ぎて「軽いプレー」が多くなり過ぎてます。高萩が不調ではなく、前3人の関係性の問題だと私は思っています。

確かに決定的な場面で浩司が居る時は多いですが、試合全体の流れをサンフレッチェに持ってくるという意味では絶対に前3人は寿人、石原、高萩が鉄板です。

という事で、前節も思った事ですが、ここで勝ち切れなかったのは森保監督の責任。前半、ガンバに上手く押し込められる。後半、先制点を決められる。この時点で何で即座に動かないのかしら?

展開は後半に入っても変わらない。その上、点まで決められたらすぐに交代で試合の流れを変える必要があるんじゃないの?前節、広島が盛り返してきた時に、的確に交代をして流れを引き戻した柏のネルシーニョ監督とは雲泥の差だと思います。

この試合では青山のプレッシャーが緩かったので、彼の判断力、パスが際立ってました。ところが交代はその青山。浩司はそのまま残り、ボランチの位置に下がってました。これも正直、意味が分からなかったです。先にキレキレのミキッチを交代させたのも意味不明だったのですが、青山の交代は本当に勝つ気があるのか疑いました。ボランチに浩司が下がったのは良いけど、判断力、展開力ではどう考えても青山が上。相手の陣形が揃わないうちに一瞬の決断力でパスを出せる青山を下げる理由が分からない…。

昔から応援している方々は思い入れもあるだろうけど、私は現状では浩司は控えで石原が先発じゃないと納得できないです。後半、石原が入ってからのゲーム内容を森保監督はどう判断するのか。よく考えてもらいたいなぁ…。

あ、あと久し振りに山岸が出場しました。一発のスピードとドリブル、守備力のある清水、ベテランらしいポジショニングで上手くボールを引き出す山岸。どちらにも魅力ありますね。ラストに向けて頼もしくなってきました。

なんとか引き分けた今節は、仙台も引き分けてくれてラッキーでした。
次節は札幌戦。まさに優勝を争っている仙台、浦和を破ってるので同じ道を歩まないようにカウンターに注意して、フィニッシュで終わるように戦っていきたいですね。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です