サッカー親善試合 日本代表 vs ブラジル代表

笑っちゃうほど強かったですね、ブラジル。

フランスに勝ったもんだから結構期待して観ていたのですが、フランス戦とは逆に時間が経つにつれ何も出来なくなってきたのが印象として強かったです。

ブラジルはフランスよりも組織として緩慢で、ある程度ボールは持たせてくれるのですが、奪ってからの速攻が強烈すぎてあっさりと決定機まで持っていかれました。苦労してボールを持ち出す日本と比べても効率の良い攻めでした。

日本は繋ぎの部分では優れていましたが、最後のフィニッシュの部分と重心が前に行った時のリスク管理が弱点で、そこをブラジルに徹底的に衝かれました。守備でも人数は足りているのに、フリーの選手に簡単にボールを繋がれてピンチを何度も招いてました。本当にどうしようもないな、て感じ。

唯一の救いは選手のコメントを読む限り、そこまで悲壮感を感じていないところ。特に本田のコメントはポジティブすぎて逆に不安に感じるほど。

まぁトップクラスとまともにやり合ったら、ここまでボコボコにされるという良い見本だったと思います。それでも自分達のスタイルを貫き通したのは評価に値します。ただ香川の言うように2失点以降、効率よく試合をしたブラジルをもっと本気にさせたかった思いはあります。あのPKさえなかったらなぁ…。あ、あのPKは妥当だと思ってます。偶然当たったように見えますが、ちょっと怪しかったです。それよりもドリブルでPA内まで持ち込まれた時に勝負あり、だったかな。

で、我らが佐藤寿人、出番なし。
後半の途中から足元でもらいたがるドリブラーばっかりにブラジルが慣れてしまい、機能不全に陥っていましたが、ああいう状況こそ裏取り名人の寿人の出番だったのではないでしょうか?まぁザッケローニ監督だと「出番なし」もあるな、とは思ってましたが、ああいう時に展開を変えることのできる人間も必要だと思いますよ。せっかくのチャンスだったのに残念。

という事で、上位チームの実力差と自分達の立ち位置を図る上では、有意義な親善試合だったのではないでしょうか。もう一度気を引き締めて、まずはワールドカップの出場権を勝ち取りましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です