ワールドカップ 最終予選 日本代表 vs イラク代表

まぁ不謹慎な話ですが、「伊野波ミスれ!」と思ったのは事実。

予選を2勝1分と有利な状況で臨む4戦目はジーコ監督率いるイラク代表。

力量差はかなり目に見えて、点差に関係なく日本の完勝と言って差し支えない試合だったと思います。

突然のアクシデントで香川が出場できませんでしたが、代わりに入った清武が活躍。スペースへの動き出しやパスの精度、守備への貢献度で目立っていました。明らかに「このチャンスを活かす!」という意気込みが感じられました。

水本にもこれぐらいの積極性が欲しかったですね…。今野、栗原が不在という千載一遇のチャンスでしたがプレーが消極的すぎました。この試合で先発した伊野波が(冒頭の私の呪いも虚しく)安定したプレーを披露したため、次回呼ばれるチャンスはほぼ0でしょう。とにかくサンフレッチェに戻って結果を出し続けてもらうしかありません。

その他で目に付いたのは、その清武と組んだ長友。かなりコンディションが良いのか、何度もオーバーラップを繰り返し、一瞬のスピードで相手を置き去りにするドリブルを随所で見せていました。さすがインテル。

あと長谷部が心配。ボールが足につかないというか、吸い付くようなトラップがなくなり、運動量もパスの精度も落ちていました。結構重症かもしれません。

イラクは遠藤、長谷部、本田を抑えようとしてましたが、それ以上に日本の組織力が相手を凌駕していたように思います。もちろん個人の質においても。カウンターで何度かピンチを迎えたものの、川島が安定した守備でゴールマウスを守ってくれました。

日本は幾度となく決定的チャンスを迎えたものの、決めたのは前田だけ。その辺の決定力という点では少し不安。またそれ以上に不安なのが、あまりスピーディーな攻撃が見られなかった事。いわゆる各駅停車で、ボールを受けてから相手を探すシーンというのが多かったと思います。もっとワンタッチプレーを増やさないと、プレッシャーの強い相手だと手こずりそうです。

まずは一番大事な勝ち点3を手に入れた事。これが何よりです。

後半はアウェイの試合が増えるでしょうが、今の日本代表であれば充分勝ちきれる力があると思います。緩めることなく次戦もしっかり勝ちきって早い段階でワールドカップ出場を決めておきたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です