第22節 サンフレッチェ広島 vs アルビレックス新潟

連勝キタキター! (*゚∀゚)=3

首位を取り戻して臨んだオレンジのチームとの3連戦の最後、新潟との試合は(ほぼ)完璧に近い試合内容で勝利を収め、ガッチリと首位をキープ。仙台と柏が潰しあってくれたお陰で勝ち点差も4と微妙に離す事ができ、良い状態でホームに戻って来る事が出来ます。

何よりも嬉しいのはその試合内容。
前々節、前節と重そうに見えた体でしたが、徐々にコンディションを取り戻してきたのか、今節は最後までハードワークを維持。もちろん終盤は足が止まっていましたが、対戦相手よりも動けていた事が大事。

1週間空いて勢いとコンディションが殺がれていた広島ですが、3試合をこなしてようやく状態が上向いてきたのでしょうか。勢いが戻ってきました。

試合自体は決して楽に勝ったわけではなく、新潟が広島のミスを突いた時に点を決めていればもしかすると結果は逆だったかもしれません。それぐらい新潟も良い守備から良い攻撃に移れていました。ただ、勝敗を分けたのは「決定力」に集約されるのではないでしょうか。

前半の入り、それから後半の入りが良い内容だったのは新潟で、広島は最終ラインから前にボールが出せず、徐々に距離を詰められてプレスを受けるという苦しい展開でした。なかなかボールを落ち着かせる事ができず、慌てたところからパスミス、またはロングボールを蹴らされてセカンドボールを拾われるという耐える時間が続きます。

新潟はその時間帯に点が取れていれば、今度は引いてカウンターという作戦で楽に試合を進める事ができたかもしれませんが、その新潟の時間帯に逆に点を奪ったのが広島という皮肉。なかなか目立たなかった佐藤寿人ですが、青山からの美しい縦パスを受けるとキーパーの位置を冷静に確認してゴール。ディフェンスの間に上手く入る寿人の動き、強過ぎず弱過ぎず寿人の欲しい場所にピンポイントで合わせる青山のパス。惚れてまう…。

後半も同じく新潟の時間が続きますが、寿人がPA内でDFのタックルをギリギリでかわし、石原にパス。それを冷静に押し込み追加点を挙げました。

前半、後半ともに点を決めた後はガクッときた新潟を尻目にボールを支配して何度も決定的シーンを作る広島。苦しい時間帯を凌ぎ、その中で逆に点を奪うと、後はボールをしっかりと支配して最後まで攻めの姿勢を見せてくれた広島。相手に上手く守られて苦しい時間帯がありながらも終わってみれば2点奪っての完封。結果も内容も広島にとっては理想的でした。

それにしてもここに来て高萩の存在感が際立ってきました。2~3人に囲まれてもボールを取られない、展開を変えるパスを通し、最後まで石原と変わらないぐらい走り切り、前線での貴重な収まりどころとなっていました。今季も軽いプレーが2~3試合続いた事があり、「元に戻ったか?」と不安視してましたが、元に戻るどころか現在のサンフレッチェの好調を支える中心となっています。プレーの質が変わっていない柏木と比べても格段の進化だと思います。ただただ感服。

それからミキッチが遂に戻ってきました!これが最大に嬉しい!まだトップコンディションでは無かったですが、60分過ぎまでプレー出来たのは収穫。これで徐々に乗ってくるでしょう。相変わらず何度も攻め込んでたしねー。やっぱりまだまだ石川との差は歴然としています。

相変わらず微妙なのが清水。良いプレーと悪いプレーが混在し過ぎてます。跳ねたボールの競り合いには意外に強く頼もしい部分はあるものの、雑なパスが多過ぎたり前への推進力が少なかったりと、やっぱり微妙です。もう少し成長して欲しい。千葉ちゃんは古巣相手に意識し過ぎたのか、いつもよりパスミスが多かったり周囲への注意が散漫だった気がします。でも良いパスも通してたし、まぁ無難でした。

リーグ再開のホームで嫌な負け方をした広島でしたが、逆にアウェイで2連勝と結果を出しました。特に今節は勢いがつきそうな内容で勝つ事が出来たのは今後に向けて希望が持てます。ミキッチも戻ってきました。

まだまだ暑い日が続きますが、体調の維持管理に努めて次節、3連勝を決めて首位をがっちりキープしましょう!頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です