ロンドン五輪 男子準決勝 日本代表 vs メキシコ代表

女子とのW決勝戦を目論んで準決勝に臨んだ男子代表でしたが、残念ながら敗戦。決勝戦に進む事は出来ませんでした。

よく「強いチームが勝つんじゃない。勝ったチームが強いんだ」と言われますが、この試合においては文字通り「強いチームが勝った」試合。

試合序盤からDFの最終ラインまでプレッシャーを掛けてくるメキシコに対して全くボールを落ち着かせる事の出来ない日本。ボールを奪われたら組織的な守備で対抗するも、なかなか奪えずグイグイと押し込まれ自陣に貼り付けにされます。

幸先良く先制点を挙げるも、メキシコのプレッシャーにどんどんと疲弊し、集中力を無くし、体力を奪われていく日本。判断力をなくし、パスミスが多くなるのも自明の理というものです。

ギリギリのところで耐え凌いでいましたが、セットプレーによって今大会初の失点を喫すると、後半に入って扇原がバイタルエリアでボールを奪われるミスを犯し失点。同点にするべく何とか前に出ようとするものの、体力、集中力、判断力が落ちた日本ではなかなかの絶望。最後にキッチリと追加点を奪われて1-3の敗戦となりました。

メキシコとは親善試合で戦い2-1と勝利する事ができたわけですが、この試合ではキッチリと決めるところで決められました。何よりも凄いのは全員がサボらない。「出す→走る→受ける」という動作を忠実にやっていました。そしてボールへの執念。日本が2失点目を奪われたシーンでは、届きそうにない(日本のDFが諦めた)ボールを追いかけて追いつき、それをクロスまで挙げ切ったところから始まってます。

フィジカル、技術で負けているのに、更に「ボールへの執念」や「運動量」「献身的」といった部分でも劣ってしまったら、それはもう負けますよ。

もっともそれも仕方なし、という気もします。
常に格上相手に戦ってきて相応に疲れが溜まった中、序盤からメキシコの本気に晒されたら「あと一歩」がもう無理なんだろうな。そこはもう現状ではどうしようもない部分と割り切る事ができます。むしろベスト4までよく頑張ったと思いますよ。

それでも日本は「出す→走る→受ける」を90分間やり続けたメキシコを見習うべき。特にこの試合の終盤ではボールを繋ぐのが苦しくて、適当に前に蹴りだし「前線でなんとか収めてくれー」という神頼み的なパスを出していましたが、あれは結局自分達で首を絞めているだけだったと思います。

苦しい状況でも尚、「出す→走る→受ける」を忠実にこなす事が出来れば、また一つ強くなれると思います。

それから決定的なミスを犯した扇原が泣いていたそうですが、泣く必要は無し。試合の流れからいっても日本が勝てる要素は殆どありませんでした。たまたま不幸にも失点に絡んでしまいましたが、遅かれ早かれ得点は奪われていたと思います。むしろベスト4に来るまでの重要な原動力となったわけですから、感謝こそすれ恨むことは無いですよ、少なくとも私は。

3位決定戦はちょっと(かなり?)面倒くさい韓国戦です。
気持ちを切り替えて銅メダルを取れるように頑張ってください!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です