第20節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

うーん、酷い試合ですな。
試合内容も結果通りで、負けるべくして負けた試合だったでしょう。

清水は試合開始からずっと前掛かりで攻めてきました。もちろん開始2分で失点したから行かざるを得ないというのもありましたが、とにかく前半は清水の展開。逆に広島は試合早々に点を決めるものの、後は劣勢に次ぐ劣勢。何より悪いのは昨季と同じようにズルズルとディフェンスラインが下がり、自陣に釘付けにされてクリアーボールがただボールを蹴りだすだけという、目を覆いたくなる惨状。ファーストディフェンスをもう少し高い位置にしないと攻め込まれてくると辛いですよね。

後半、清水に退場者が出た辺りでようやく落ち着いてボールを繋ぐ事が出来るようになり、攻めらしい攻めを見せる事が出来るようになるものの、サイドの石川のクロスの精度が悪過ぎて全く得点の気配がせず…。

逆にカウンターを喰らって失点すると、直後にPKを与えてしまい逆転され、試合はそのまま清水が守り切って終了。

清水エスパルスはやっぱり前線で精力的に動き回る大前選手が良いですなぁ。敵ながら凄い好き。いやまぁ敵だから嫌なんだけど。それから2得点に絡んだ高木選手。良いドリブルしますわー。

サンフレッチェは清水航平が本当に良い働きをしました。1点目となったクロスもアバウトで蹴ったわりに上手く佐藤寿人に合いましたし、サイドに張って上手い飛び出しも見せてくれました。前への突破も何度か成功したし、守備への戻りも早かったかと。この状態が続けば山岸不在も感じさせない出来だと思います。

反対の石川。試合終盤になっても運動量を見せたと思うし、清水と同じくそれなりに良い飛び出しも見せてくれましたが、何しろクロスが酷かったです。あと前半は行方不明というのもマイナス。でも良いプレーも確かにありました。あとはとにかくクロスの精度をしっかりしようよ。

前節の鹿島戦といい、今節の清水戦といい、明らかに運動量で相手に上回られています。特に今節は3~4本目でパスミスしてしまうという悪循環でした。勝てば結果は10点、試合内容は3点だと思ってましたが、こんな試合内容では勝ち切れるはずもなく首位に相応しくもなく…。

前節、今節を観ていると中断期間で2週間空いたのが本当に痛かったな、と。リズムとコンディションが崩れて、これから更に暑くなるのに調子が戻りそうにありません。

とにかく大事なのは次の試合。ここが一つの正念場になると思うので、首位争いに加わり続ける為にも今一度チームで引き締めあって勝ち点3を獲りに行きましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です