ロンドン五輪 女子 日本代表 vs ブラジル代表 

いやっほーーーーい!ヾ(≧▽≦)ノ

金メダルを狙うなでしこジャパンはブラジルを降しベスト4進出を決めました。

試合自体は予想以上に押し込まれて厳しい試合でしたが、最後まで集中を切らさず粘り強く守り切る事が出来ました。

相手の方がフィジカルの強さや個人技で勝る分、なかなかファーストディフェンスが掛らず、ドリブルでかなり深い位置まで侵入されましたが、しっかりと2~3人で対応して囲みこみ、シュートまで持ち込ませない徹底した守備で対抗。ボールは支配されていても決定的チャンスはありませんでした。怖いのはコーナーキックとかゴール前でのフリーキックだけだったと思います。

自分達がゲームを支配できた時間はほんの少しでしたが、その少ないチャンスでしっかりと点を決めるのが本物の強さなのかな。
それでももう少し冷静にボールを繋げれば相手が前掛かりになっている分、有利に試合をコントロールできたんですけどね。阪口、宮間あたりがその辺を出来れば良かったのですが、今大会は低調なまま来てるので仕方なしか。まぁ守備では利いてるのであとは気持ちで乗り切るしかありません。

次戦は大会前の親善試合で敗れたフランスが相手です。
そのフランスを前にブラジルとやれたのは本当にラッキー。組織力では及ばないものの、個人技ではフランスよりブラジルの方が上だと思ったので、なでしこ達の対戦相手に対する感覚はかなり上がっている事でしょう。

親善試合の時はコンディションの差があったのか、運動量で明らかに劣ったなでしこですが、この準決勝ではほぼ同じ土俵だと思います。このブラジル戦で見せたような粘り強い戦いでしっかりと借りを返しましょう。

金メダルはすぐそこだ!頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です