ロンドン五輪 女子 日本代表 vs カナダ代表

独特の緊張感のある初戦、「絶対に勝たなければいけない試合」に見事に勝ち切るなでしこ、お見事です。

試合開始直後は出足の鋭いカナダのプレッシャーになかなか落ち着くことが出来ませんでしたが、徐々に相手の足が止まりだすと試合を支配していくなでしこ。澤→大野→川澄の見事な連携で先制点を奪うと攻守の切り替えも早くなり完全にペースを握ります。前半終了間際にも宮間のヘディングが決まり追加点。完璧な試合運びで前半を終えます。

後半も終始なでしこのペース。カナダも選手交代で打開しようとしますが流れを渡しません。が、大儀見の決定的なシュートを相手DFの意地のカバーで止められるとその直後、鮫島のサイドを破られて速いグラウンダーのクロスを決められ1点差に詰め寄られます。俄然勢いが出てくるカナダですが、そこで折れないのが世界王者。流れを渡さずしっかりと残り時間を攻めつつも守りきり、きっちりと初戦をモノにしました。

という事でまずは「勝ち点3」という結果を出した「なでしこジャパン」。後半に決定的チャンスを逃し、逆に相手に決められるという、流れとして最悪な展開になりましたが、むしろあの展開で良かったかもしれません。「簡単な試合なんて一つもない」。経験のある選手達ですから当然そんな事は分かりきっているにせよ、「相手のワンチャンスで一気に試合が難しくなる」事をもう一度身に染み込ませる良い機会だったと思います(もちろん勝ったからこそ言えるのですが…)。

さて、選手ですが何と言っても澤。やっぱり頼れます!なかなか調子が上がってきませんでしたが、この五輪にきっちりとコンディションを合わせて来るあたりはさすが。守っては危険な場所を予測してボールを刈り取り、攻めては最前線まで顔を出す。そして落ちない運動量、正確なパス。澤が居なくてもなんとかなりそうな最近の日本ですが、やはり彼女が入ると段違いに落ち着くかな、と。

それから大儀見。囲まれてもボールを取られない強さは本物。前でボールをしっかり収め、他の選手の上がりを待ち、潤滑油としてボールを捌ける役目もこなせるから頼もし過ぎて困る。決定的チャンスを止められたシーンは慎重にボールを蹴り過ぎたのか。あれは残念だったけど、補って余りある活躍でした。

次に良かったのが川澄。大事な先制点を決めたのが大きかったです。これだけ緊張する初戦の中でも変わらない運動量とプレーでチームの勝利に貢献してくれました。そして岩清水。彼女も澤と同じくキッチリとこの五輪の本番にコンディションを合わせて来ました。危険な場所をしっかりと押さえる守備は安定感ありました。

逆に気になったのが阪口。悪くないけど良くもないよね、という印象。あれだったら田中を出しても良いかもしれません。まぁ田中も軽いプレーが多いですけど。

それから宮間は明らかに酷かったです。特に最前列に通すパスは殆ど通りませんでした。貴重な追加点は決めましたが、大儀見とは逆にそれ以上にリズムを悪くするプレーが目に付きました。キャプテンであり、攻撃の指揮を執る人間だからこそもっと調子を上げて欲しいところ。

それから最悪だったのが鮫島。昨年のワールドカップ以降、彼女の良いプレーは見れませんでしたが、それは本番になっても変わらず。宮間と同じく何度もパスミスを繰り返していました。宮間と決定的に違うのは、鮫島の場合は自分達の陣地という事。多分、失点したシーンも鮫島のパスミスからだったはず。もっと正確なプレーを心掛けてもらわないとこの先もキツい結果が待っていそう。

という事で、宮間と鮫島の出来の悪さが目に付いたものの、チームとしての完成度はさすが。失点されたシーン以外での危険なシーンはほぼ皆無だったと思います。フランス戦の時はあからさまに足が重そうでしたが、この試合ではわりに走れていたと思います。それでもまだまだコンディションが上がっていかないと強豪に勝てそうにないのはフランスの強さを目の当たりにしてしまったからかな。

ただ本番初戦をしっかりと勝ち切り良いスタートを切れたのは事実。次のスウェーデン戦で予選リーグ突破が決まると言っても過言ではないと思うので、しっかりと準備をして臨んでもらいたですね。頑張れ!なでしこ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です