第25節 ガイナーレ鳥取 vs 横浜FC

はい、また負けました。

千葉から期限付きでやって来た久保選手。3回ゴールを揺らすも2回はオフサイド。審判は良く見てました。というか今節の審判団は凄く良かったですね。適切な笛で試合を上手にコントロールしてました。

審判はさておきガイナーレ。確かに今節は負けはしましたが、終始自分達のペースで試合をする事が出来てました。決定的なチャンスも何度か作ってましたし、先述したようにオフサイドではありましたが、ギリギリのタイミングで飛び込んでネットを揺らしもしました。

でも多分、横浜側からすれば「点を入れられなければどうという事はない」て感じなんでしょう。まぁ守るのに必死でそこまでの余裕は無かったかもしれませんが、ゴール前をしっかり固めてワンチャンスをモノにしていきました。1失点目は井上のポジショニングが悪かったせいですが、2失点目はオフサイドで鳥取の選手が抗議してる間に一気に速攻を決めたもの。3失点目は綺麗に崩されての失点でした。

とにかくガイナーレは簡単に点を与えてしまいます。ガイナーレの守備を観ていて、よく目に付くのはボールホルダーに2~3人で取りに行ってるシーン。それで取れれば良いですが、大体パスを回されてあっさりかわされてます。特に自分達のPA付近。選手達はボールしか見えてないのか、ワラワラとボールに集まって空いたスペースを利用されてしまいます。

こう何というか、マークの受け渡しとか、バランスを取るとか、スペースを埋めるとか、パスコースを限定させるとか、そういう事が未だ整備されていないからポンポンと点を許してるんじゃないの?その辺、ちゃんと守備練習やってるのかしら?どうなの吉澤さん?

「まず点を取られない守備をしてくれ」と思う私の気持ちとは裏腹に、相変わらず「攻撃はそこそこ形を作れるけど守備はザル」を披露する吉澤ガイナーレ。せっかくポストプレーの上手い選手が入って得点力が上がったとしても、それ以上に点を取られてたんじゃどうしようもないでしょう。

これ以上書くと恨み辛みがまたどんどん出てくるのでこの辺で。

正直、これを繰り返してると勝ち点は覚束ないでしょうね…得点する以上に失点を重ねてるんだからさ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です