第16節 サンフレッチェ広島 vs ベガルタ仙台

ぬーーーーー!シビれる!!

何という緊張感のある戦い。何という引き締まった試合。何という好ゲーム。そして何という苛立つ解説の吉田。あいつは広島から出すな。ほんと味方にとっても敵にとってもイラつく解説しかしない。というか解説ですら無いし。なんであんなのが解説という仕事やってるんだろう…。

まぁ広島の恥、吉田は放っておいての首位攻防戦。
お互いに気合いの入った試合をしてくれました。仙台にとって引き分けたのは「ホームの利ゆえ」と言えるのかも。

試合開始直後、伸びないボールスピードに苦労する広島。微妙にパスが合わずミスを繰り返す広島を尻目に仙台が赤嶺選手とウィルソン選手の見事なワンツーで広島のド真ん中を突っ切り先制点を挙げます。

パススピードの感覚に慣れた広島はそこから猛攻を仕掛け次々と決定的なチャンスを作ります。そして前半終了間際、右サイドフリーで受けたミキッチからのクロスをワンタッチゴーラー佐藤寿人が左のアウトで合わせて同点に追い付きます。

後半に入り、コンビネーションで崩していく広島とカウンターでゴールに迫る仙台の攻防。ジリジリとした展開の中、追加点を奪ったのは広島。青山(だったかしら)からPA内へのクロスに高萩がスペースへ折り返すと走り込んだ森崎浩司が冷静に決めて2-1。

リスク管理もしっかりとする広島はなかなか仙台に隙を与えず。脅威なのはウィルソン選手ぐらいで、上手く守ってカウンターを仕掛ければ追加点も取れそうな展開。が、そこで仙台にとって「ホームの利」が発動したのか、相手に詰められて慌てた森崎和幸が長い芝に足を取られバックパスで致命的なミスを犯してしまい、西川が必死で飛び出すもウィルソン選手に冷静にかわされて痛い同点ゴールを喫します。

そこからはオープンな打ち合い。ミキッチと交代で入った石川がカウンターで一気に抜け出してゴールキーパーと1対1になるも決め切れず。試合はそのまま終了。首位攻防に相応しい見所満載の試合だったのではないでしょうか。

広島としてはアウェーで引き分けたのは良かったのかもしれませんが正直「勝てた試合」という気持ちは残っています。しかも勝てれば(まだまだ中盤戦とはいえ)首位という立場でした。惜しかった。本当に惜しかった試合ではないでしょうか。

それでも「どんな時でも誰が相手でも」広島の戦いを出来るようになったのは本当に逞しい事。まずは強豪相手に堂々と渡り合って引き分けた事を誇りたいと思います。

そしてこの試合で再確認させられた佐藤寿人、森崎和、森脇、ミキッチ、水本の凄み。足元の上手さは勿論の事、気持の強さや走り切る力、競り合いで負けない強さは一級品。特に守備の面でのカズと水本の貢献度は計り知れず。勿論、西川のスーパーセーブや青山の展開力も良かったですが、目立ったのはあの5人でしたね。サブはこれらのレギュラー組からポジションを奪わなくてはいけない訳ですから、相当な努力が必要です。ナビスコで見せたような内容ではとてもじゃないが無理でしょう。

逆にメッキが剥がれかかってるのは清水か。効果的な飛び出しも無し、ドリブルを仕掛けるも抜けず、クロスも正確さに欠け、守備も軽かった。正直、この首位攻防戦において一人だけその実力に見合わない先発だったと思いました。山岸の代わりとして入って結構経つわけですがどうにも慣れないというか見劣りするというか…。今後、対戦チームに研究されて左サイドを徹底的に突かれるとキツイ結果が待ってるかな、と。

来週は磐田戦。これまた広島にとって苦手な相手ですが、今の広島であれば充分自分達の力を発揮できるはず。次こそ首位を目指して頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • 本当に熱い試合でしたね。
    首位・仙台の猛攻も広島の鉄壁のディフェンスがことごとく封じてくれてた印象があります。さすが守備の要の選手たちですね。
    いい試合を観られてホクホクです。
    まさに首位争いにふさわしい一戦でしたね。

  • >水野優さん
    首位決戦という大舞台、それもアウェーの大サポーターの前でここまで堂々と試合を出来るなんて、本当に凄いな!と興奮しました。

    熱かったですねぇ~。そしてクリーンでもありました。
    水本、千葉、森脇、それからカズ(と青山も加えましょうか)。頼もしい限りです( ^∀^)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です