ナビスコカップ サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

落ちるならトコトンまで。みたいな?

後半開始、佐藤寿人を下げて平繁を投入した段階で完全に「若手に貴重な実戦のチャンスを与える試合」と捉えたのだと思います。勝負するなら青山と石原の投入だったでしょうから。その後の交代を見ても森保監督の意図がはっきり分かります。「勝ちに行きたい」気持ちを抑えて土曜日を見据えた良い判断でしたね。若手に経験を積ますという意味でも。

ただ腹立たしいのはそのサブ組の「やってやろう!」という気持ちが全く無かった事。あったのかも知れないけど伝わって来なかった事。

「これが練習試合でよく負ける控え組の試合か…」というのを目の当たりにした気分。今日先発した選手の半数はペトロヴィッチ監督から「NO」を突きつけられていた選手達(ソッコと千葉ちゃんは新加入)。だからこそ燃えて欲しかった。ガツガツ行って欲しかった。「俺は出来る!」というのをミシャの前で見せ付けて欲しかった。

でも結局試合で無理してたのは寿人、浩司、中島なんですよね…。大崎は完全に狙われてボールを奪われる狩場になってるし、鮫島は相手にとって危険なプレーを出せず(これは周囲の動き出しの拙さもあるけど)、石川は一度もクロス上げてないし(多分)、清水は仕掛けても全然相手を抜けないし、中島は最終ラインでのお茶目なトンデモパスをしてくれる通常運転を披露してくれました。

特に石川はもうアカン気がします。横竹(笑)と一緒で、たまーに気合を入れて仕掛ける試合が2~3試合に一度あり、「もしかしたら!?」と期待する時もありますが結局それも尻すぼみ。すぐに消極的なプレーに戻ってしまいます。多分、ずっと変わらないな…。

ガラっとメンバーを入れ替えて臨んだ試合ゆえか、動き出しのタイミングとか質が非常に悪かったと思います。逆に言うとほぼレギュラーの中で1~2人入れ替えて慣れさせるとレギュラー組と同じぐらいの感覚になれるんじゃないでしょうか。と思ったのが鮫島。この試合では全く輝きませんでしたが、前回の時は高萩、石原、ミキッチ、寿人と前線が揃っていたからか、良いパスを何度か通してました。今後も継続して交代で出してあげて欲しいかな。

対する浦和。交代が田中選手、阿部選手とかどんだけ層が厚いのか、と。

柏木、槙野の元サンフレッチェコンビにやられた1点は痛かったですな。残りの2点も綺麗な得点でした。セットプレーから石川が相手に付ききれずフリーで完璧なヘッドを決められ、最後は綺麗に崩されて西川の股を抜かれて失点。まぁお見事としか言いようが無い…完敗。でもJ’sGOALのペトロヴィッチ監督の笑顔が素敵過ぎて悔しさも半減しました。

柏木は相変わらず上手い。何より自分がフリーになれる場所に入り込む感覚が秀逸。先制点を決めたシーンでも見事なランでした。ただサンフレッチェ時代から成長したのか?というとどうだろう。ほぼ2シーズンを棒に振った上、結局ペトロヴィッチ監督の下だから推して知るべし、てところだと思う。

それから何やら長谷部が浦和に戻ってくるかも、という噂があります。ボランチに阿部と長谷部、トップ下に柏木なんて怖すぎるわ。

得失点差でギリギリ最下位から逃れる事が出来ましたが散々だったナビスコ杯。
まぁ済んだ事は仕方ないので週末の仙台戦にしっかりと照準を合わせましょう。頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です