第15節 サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ

ぐむむむ…。惜しい!というか悔しい!

首位仙台に迫るべく臨んだ大宮戦でしたが、新潟・鳥栖戦でやられた作戦にまたハマり、大宮に守り切られて引き分け。心情的には負けに等しい引き分けでした。

大宮はチョ・ヨンチョル、ラファエル両選手という攻撃の軸が居ない、サンフレッチェにとってはボーナスゲームのような試合だったはず。実際、大宮の攻撃はほぼカウンター1本に絞ってきてましたが、ボールは長谷川選手には収まらず、パスの精度も低く、全く怖さがありませんでした。点を入れたら勝てる、という状況でありながらも、今節の大宮は「勝ちにいくより負けない試合」に重きを置いていたのか、徹底的に守られて完封を喫しました。

大宮としてはプラン通りだったのかな、と思います。守備に関してはまず合格点、あとは得点をどう奪っていくか?というのが次のステップなのかな。そこが整備されてくればまた一段手強くなりそうです。もっともラファエルとチョ・ヨンチョルの両選手が戻ってくればある程度解決できそう。

広島はまたしても引いてガチガチに守ってくる相手に得点できず。ただ鳥栖、新潟戦と比べても明らかに思考錯誤の後が見られました。特に森崎和、千葉ちゃん、水本は相手のバランスを崩す為に積極的にドリブルで持ち出して相手を引きつけたり、ポジションを入れ替えて混乱させたり、と今までとは違うやり方をしてました。また、前線の選手も下まで降りてきてパスを受けたりと相手の間に入って上手く崩そうとする意図が見えました(まぁ、これはあまり上手くいかなかったけど…)。

チャンスの数はこれまでよりもかなりあったと思います。あとはそのチャンスで一点でも奪えていれば、というところでしたが大宮の守備を上回れず悔しいドロー。仙台が引き分けただけに余計でも惜しかった思いが強いです。サンフレッチェからすると「浦和グッジョブ!」。仙台、浦和からすると「大宮グッジョブ!」だったでしょう。

しかしこの試合で見せてくれたサンフレッチェは明らかに進化しているな、と思わせてくれた試合でもあります。残念ながら相手の守備の方が堅かったとはいえ、これまでのように何も出来ずに終わった試合と比べるとチャンスの数は跳ね上がりました。相手がどんな作戦で来ようともそれを打開する為の戦いが出来るようになっているのは嬉しい限り。

次節は前半戦の天王山。今からドキドキが止まりませんが、このドキドキを味わえる喜びを胸にしっかり応援したいと思います!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です