第20節 ガイナーレ鳥取 vs 松本山雅FC

うーん、もう書く事が無くなった…。

ただ徒に試合を重ねているだけで全く進展が見られない。というより、どういったサッカーがしたいのか分からないし、全く印象に残らない試合ばっかり。

失礼だと思いますが正直、対戦相手である松本山雅はお世辞にも良いとは思えませんでした。選手の質でいっても下手したら鳥取の方が良かったんじゃないでしょうか?それぐらい印象に残らない選手ばかりでした。

でも松本山雅の方が良い成績を残してるんです。
この事実をどう受け止めるかといったら、それはもう「監督の差」としか言えません。

なかなか勝てないながら失点数を少なくしてしぶとく戦う松本山雅。恐らく自分達が戦う相手は全て格上という認識のもと、全員でハードワークをしてるんだと思います。この試合でも最後まで鳥取の最終ラインにまでプレッシャーを掛け続けていました。

対する鳥取はどうだったのか?攻める形も見えない、守る規律も曖昧。その場しのぎで守り、苦し紛れのパス、蹴らされるロングボール。もうボロボロじゃないですか。29という失点数に吉澤監督は何を思ってるんでしょうか?

既に「容認」という範疇から大きくはみ出しているここまでの成績。今季からJ2にも降格があるという事実を認識しているのかいないのか?

何でしょうね、何も変わらずそのままズルズルと負けていくのを観るのは辛いです。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • ´ω`)ノドモ
    はじめまして、まったく同感です。例えば、なんで松田監督じゃだめだったの?吉澤監督よりましな強小四年だったんじゃねーの?素人ながらもガイナーレの選手にカウンターサッカーは似合わない気がします。

  • >あしたばさん
    コメントありがとうございます!
    私も松田監督の契約終了のニュースを聞いた時は物凄いガッカリしました。

    で、代わりの監督さんがアレじゃ…。

    去年の遺産がある分、多少攻撃がハマったときは良い形が作れますが、守備に対するリスク管理が0ですからね、一体何を考えて指導しているのかと思います。

    いつまでこの受難は続くのか…悲しいですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です