第19節 ガイナーレ鳥取 vs ジェフユナイテッド千葉

何を書けば良いやら…。

まず開始1分で試合を壊した吉野は論外。今の鳥取に先制されて取り返すだけの反発力が非常に少ないのはよく分かっているのに、いきなりミスから失点されるとは…。またそのミスは百歩譲ったとしても問題はその後。解説も言っていたようにそのミスを引きずるような覇気の無いプレーを終始続けていれば、もはやプロでもないでしょう。ミスを帳消しにするぐらいの気概を見せてよ!

という事で、先制された鳥取はその後も攻撃面で何度か千葉のプレスをかいくぐってゴール前に持ち込むものの、そこからのアイデアに乏しく決定的なシーンを迎えることなく1-3で試合を終えました。

後半から入った実信はスタメンを外れた事に奮起したのか、気合の入ったプレーで「らしい」捌きと収まりを見せて試合を多少なりともコントロール出来たんじゃないでしょうか。この調子を保ってくれると良いのですが。それから岡野がスタメン外れてましたが、別段悪くないのでスタメンで良いと思います。
色々選手を試して打開したい気持ちは分かるけど、あまりにも選手が固定されな過ぎるからその都度微妙に呼吸が合ってないんですよね。解説からも「もうここまでリーグも進んでるんだから、いい加減チームとしてどういう戦い方をしていくのか完成させないと…」と苦言をもらう始末。

そのチームとしての戦い方ですが、前節から嫌な予感がしてましたが、また無駄に体力を使うプレスが復活してましたね…。なんでそうなるかな?今までどう考えても結果が出てないでしょ?唯一、ショートパスで自滅してくれた京都ぐらいじゃないですか。

千葉を見てみるのが良いお手本。彼らは無理なプレスは一切やってきませんでしたよ。あくまで「行ける」時。常に前線から守備をされていましたが、つまりそれは攻守の切り替えという話で、奪われた所から守備。ダメだったら引いてブロックを敷くという戦術が徹底されてます。

翻って鳥取の守備は広大なスペースがある中での突撃プレス。簡単にボールを回されて、逆サイドに展開されて、裏に抜け出されて、決定的なシーンを作られる。接待サッカーも良いところですわ。学ぼうよ、吉澤監督。

今の戦いを観ている限り、先が見えない泥沼です。
やっぱり昨年も書いたけどサンフレッチェの丸谷をレンタルで借りましょう。オファー出したら絶対来てくれると思うんですよね。鳥取出身だし、サンフレッチェではベンチにも入れないし。彼の為にも公式試合に出ることは凄く意義のある事(鳥栖の岡本と同じように)。丸谷だったらボランチでボールの収めどころになれるしパスも出せます。トップ下に実信を置けば2人で試合を作れるはず。本気で実現してもらえないかしら。

という事でこのままリーグを消化してもラッキー以外で勝つ事は難しいと思います。何らかの秘策を打ってもらわないと、今後も得点と信頼を失い続けていくでしょう。難しいねぇ…。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です