第13節 サンフレッチェ広島 vs コンサドーレ札幌

対戦相手には失礼ですが、この試合は勝ち点4の最下位札幌という事もあって何がなんでも勝ちという結果が欲しかった試合。大事なところでコケるのが広島の伝統芸能となりつつあるのですが、今節はしっかりと勝ち切って久し振りの連勝。首位仙台が敗れた事もあって勝ち点2差に迫る堂々の2位となりました。

佐藤寿人が好調過ぎて笑いが止まらないのですが、ここから中断期間に入る事になって正直ホッとしています。

というのも、勝ちはしたものの試合内容は凡戦といった感じ。ここ数試合はなんとか試合になっていますが、苦戦が続いている感じでギリギリ結果を残している状態だと思います。強くて勝てるというより、選手の頑張りによって勝っている印象なんですよね。もちろん最後は選手の頑張りが一番大切なのは分かっているのですが、それはあくまで「最後」であって基本は組織とか戦術で相手の形を崩してゲームを進めていく事だと思います。

相手が前掛かりに来た時のカウンターでは綺麗な崩しが出来たり、2シャドーに入った時の展開の広がりは相変わらず素晴らしいのですが、後方からの組立てが明らかに拙くなってます。というより、こちらは変えてないけど相手に読まれてきてる感じ。千葉ちゃんとカズにボールが入った時、それも下げるボールの時は相手FWに寄せられて苦し紛れのボールしか出せなくなります。前線の引き出しの多さに比べて、後方のパスコースの少なさを相手に理解されて寄せられているシーンがここ数試合ずっと目に付きます。

だからこのタイミングで中断期間に入るのはありがたいです。このまま試合が続くとどこかで機能不全に陥る事は明らか。というより既に起しかけています。この中断期間中にその辺の対策をしっかりと採ってマイナーチェンジをしてもらいたい。

日本代表の試合で本田がボランチの位置まで降りてボールを捌いていましたが、ああいった気の利いたプレーを高萩や石原にもお願いしたいところ。今だとむしろ寿人の方がそれをやってる状態だし。これは多分高萩や石原の責任ではなく森保監督の指導の範疇だと思うので、現在の広島の弱点をもう一度洗いだしてこの中断期間中に対策を練ってもらいたいですね。

暫定ではあるものの現在「2位」の広島。
考えたくはないのですが、どうしても欲が出てしまいニヤニヤが止まりません。心機一転となった今季は良い方向に結果が出ていますが、少しずつ対戦相手にも裸にされている感じが出てきています。この中断期間を利用して良い準備をしてもらいトップを目指して頑張れ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です