第9節 サンフレッチェ広島 vs アルビレックス新潟

あ”あ”----!見事に新潟の術中にハマってしまいましたね…。

こういうやり方されたら困るでしょ?としっかり広島対策を採ってきた新潟。そしてその注文通りに攻めあぐね、先に取らせてはいけない失点を獲られて敗戦という、相手の「してやったり」を上回れなかった非常に悔しい、そしてリーグ戦の順位争いという意味でも非常に痛い敗戦となりました。

「しっかりブロックを作ってパスの出し所を無くし、強引にきたところを奪って速攻」。鳥栖戦でも同じようにやられて敗戦しましたが、その時の反省が全く活かされてません…。もし次も同じような戦術を採る相手と対戦した時、大丈夫でしょうか?正直不安。

選手ですが、森脇を始めとして大事な繋ぎのところでのパスミスが目立ちました。せめてそれは無くしてもらいたい。あと青山とか高萩とか、縦に急ぎ過ぎて「速攻」と「遅攻」の判断が悪い事があります。特に高萩は今季ずっとそうですが、相変わらず軽いプレーが多かったですね。それらを帳消しにする決定的なパスも出せるのですが、今節はそれすら無かった…。

山岸は相変わらず調子が良さそう。ドリブルで仕掛ける時もあり、この調子ならまだまだいけます。久し振りに先発で入った中島。良かったけど、もうちょっと持ち味であるドリブルが見たかったです。それが中島のストロングポイントだし、それで相手を1~2人はがせればもっと相手の形も崩せたと思うのですが…残念。

佐藤寿人、石原共にほぼノーチャンス。それは仕方ないにしても、もう少し下がってボールを受けるとかして欲しかったですね。川崎戦はそういう方法も採りだしたのかと期待が上がっていただけに少し不満でした。

対する新潟ですが、矢野選手がかなり利いてました。ロングボールではほとんど勝てるので「苦しい時は矢野任せ」でもなんとかなってました。あと全員の運動量も豊富でしたね。戦術に対する意識も高いし、まぁ完敗でしょう。

広島は鳥栖戦、新潟戦ともにカウンター狙いの戦術を崩せず相手の注文通り先に点を与えてしまって敗戦してしまいました。同じようなヤラれ方を2回繰り返したのは問題かな、と思います。次節の柏レイソルは攻撃型のチームだと思うのでこんな事はないと思いますが、長いリーグ戦。色んな状況に対応できるようになっておくのは重要。

という話をしつつ、とりあえず目先の話として連敗しない事が大事。次節は頼みますぞ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です