第4節 ガイナーレ鳥取 vs 京都サンガ

前節、結果を知ってしまい観る気を失った罪滅ぼしとして、格上の京都に虐殺される様をしっかりと目に焼き付けようと観戦したところ、逆に完勝してしまい踊り狂っているティコさんです。

今節は鳥取が良かったというより明らかに京都の戦い方が悪かったですね。典型的な日本人のパターンというか、「ショートパスの呪縛」から逃れられず、狭いところで何度もパス交換をして鳥取に奪われてリズムを失っていくという自滅の道を歩んでいました。逆に鳥取は奪ってから早い展開で京都ゴールに何度も迫り、良いリズムで攻め続ける事が出来ていました。幅も広く使っていたしね。

という事で選手ですが、まず何よりも神様、仏様、奥山様!ケガ明けとは思えぬ運動量、ガッツ、スピードで右サイドを制圧してくれました。やっぱり彼が居ると違う!それから神様、仏様、美尾様!気持ちの入ったプレーで前線からのチェイス、ボールを受けてからの仕掛けで左サイドの起点となってくれました。

2人に続いて活躍してたのは実信。ようやく彼らしいキープ力と散らしで京都DFを翻弄してくれました。やっぱり彼は前目に居た方が相手にとって脅威になれます。それから福井ですが、わりに攻めるシーンが多かったので彼の良さも発揮されていたように思います。が、競り合いではファールを与える事がしばしば…。とりあえず肘鉄はやめよう、マジで。

問題のセンターバックですが、やっぱり落ち着きが無いですね。今節は全体的にボールをキープできていたので目立ちませんでしたが、アバウトなロングキックが多々ありました。せっかくのマイボールをただ蹴り出すだけなんて、サンフレッチェな私としてはストレスが溜まります。

あと鶴見は0点。

京都はちょっと勿体無い戦い方をしてしまいましたね。個人能力では完全に勝っているのに、京都の悪い部分と鳥取のストロングポイントがガッチリと噛み合った戦いだったと思います。

鳥取としてはようやく1勝できてホッとしたと思います。非常に良い戦いも出来ていました。
ただ、今節は京都に助けられた部分が多かったと思います。解説も言ってましたが、ショートパスばっかりだったので簡単に絞り込めたし、奪いどころをハッキリできました。もし前後左右に動かされていたら、後半には足が止まって失速していたと思います。前からのプレスも良いですが、単独で闇雲に走ってる姿が目に付きました(主に奥山ですが…)。もう少しチームとして追い込みをかけるようにすればもっと楽にいけると思いますので、次節に向けてその辺の修正をかけていってもらいたいですね。

まぁとにかく2012年、初勝利おめでとう!ヾ(≧▽≦)ノ


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です