第2節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

連勝で開幕ダッシュを狙いたかったサンフレッチェですが、結果は2-1と惜敗。
うーん、まぁ力負けしたかな、といった感じ。つまり相手の方が強かった、と。

清水はチャンスの数=得点の数でしたねぇ…。特に時間帯を見れば分かりますが、広島は前半と後半の早い時間帯に獲られています。まさに相手が欲しい時に要求通り得点を与えてしまった感じ。もちろんワンチャンスをしっかりと決め切る清水の上手さがあったのはもちろんですが。

特にこの試合では清水にとっては審判もストレスだったと思います。
後半の半ば頃には信頼を失った主審が笛を吹く度にブーイングを浴びていました。もっとも後半に関して言えばまっとうなジャッジだったと思いますよ、イエローにしても。むしろ前半の方が不利、というか倒れたらファールにされる、という納得いかないジャッジだったと思います。

それでも集中力を切らさなかった清水の選手を素直に讃えたいと思います。特に高木選手は運動量も豊富で良い選手でした。

翻ってサンフレッチェ。
前半の失点は本当に余計でしたねぇ~。相手がセンターバックまで前掛かりにプレッシャーに来ている時は単純に蹴りだして守備を下げさせるとか、工夫が欲しかったです。雨の影響もあったのか、清水のホーム初戦の勢いに圧されたのか、とにかく入りが良くなかったです。

が、それ以外に関しては特に問題も見当たらず。むしろほとんど相手にチャンスを作らせず自分達のペースで試合を支配したのはさすが。惜しむべくは前半の早い時間帯に石原を負傷で交代した事でしょうか。交代で入った大崎も充分良い仕事していましたが、キープ力、ドリブル、寿人との連携ではまだまだ差がある印象。

そして今回の敗因は単純にFWの責任とする事が出来ると思います。GKと1対1の決定機を外した佐藤寿人と大崎。あれは確実に決めて欲しかった。それから前半、スルーパスで相手のDFの裏を完全に獲った高萩。そのままPA内に持ち込んでシュートして欲しかったのにまさかのバックパス。前節でも感じましたが、昨年のようなガツガツした感じ、確実なパスが無くなってるなぁ。華麗なパスを狙いすぎ。まぁそれでも充分活躍してくれてるんですけど、でも物足りない。

青山は段々コンディションが上がってきてます!後半、一人でドリブルで持ち込んだ姿は惚れてまうわ。

他の選手も充分及第点の動きだったと思います。ただ、チームとして試合の入り方に失敗したかな、という印象。

という事で、開幕連勝というわけにはいきませんでしたが、チームとしての戦いはしっかりしているのでこれを続けてもらいたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です