なでしこ

いつの間にやら3月。そろそろ初夏ですね。

J1リーグも間近に控え、ACLも始まり、ブログもおさぼり気味になってきました。
それもこれも全て冬の寒さがいけないんだ。いけないんだったらいけないんだい!

さて、なでしこもいよいよ決勝戦。アメリカ戦も観ていましたが、ワールドカップの時よりも充分やれていたのには驚き。時間が経ち疲労が出てくるにつれて、フィジカルで勝るアメリカに押し込まれるのは仕方なし。相手の決定的なシュートでボールが枠に入らなかった幸運もあったとはいえ、勝てない相手ではないと思わせてくれる程の出来栄えでした。

決勝ゴールを決めた高瀬ですが、得点シーンのコーナーキックは「よく決めた!」と思いますが、マスコミの論調のようにもてはやす気にはなれません。佐々木監督が「いろいろな大会で涙してきましたから」というように、つまりそれだけチャンスを逃し続けてきたわけで、浅い観戦歴の私ですらダメな部分ばっかり目立ってました。その積み重ねなので、いきなり「あいつは凄い」とは思えません。これからでしょう。

それから田中はかなり日和ってましたね…。無難なバックパスも多かったし、判断の遅さが目立ちました。プレッシャーの強い相手にはまだまだ通用しない感じ。でもそれも経験できた事が収穫として今後に期待。

決勝はドイツ。ドイツに対してもワールドカップの時はほとんど何もさせてもらえなかった印象が残ってます。ここでも互角の戦いが出来れば相当なもの。是非とも優勝して欲しいものです。

頑張れ!なでしこ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です