五輪 最終予選 日本 vs シリア

(注意)以下、文句ばっかりになります。

酷いな。まるで一昔前のJ2のような戦い。

関塚監督の指示なのかしら?あのロングボール作戦。だとしたら今からでも遅くない、即刻辞任してもらって元ガンバの西野さんにでも任せましょう。このまま継続するリスクより新監督に託すリスクの方が私としては前向きです。もしくはザッケローニ監督の兼任とか。

ピッチがデコボコか知りませんが、日本のストロングポイントを手放してどうするの?リスク回避?何それ美味しいの?

全く繋がらないロングボールでセカンドボールはことごとく拾われ波状攻撃、1対1でも負け続けて、守備範囲のボールを逃すGK。何だ?あのDF陣。13番と12番、5番は代表レベルじゃないでしょ?(酒井も大概酷かったが)

らしさを見せたのは永井と大迫ぐらいかしら?確かに大迫は最初の失点に絡んでしまいましたが、そもそもGKがあれを後ろに逸らす時点でダメでしょ。それ以外での大迫のキープ力は大したもんだし、永井も自慢の脚力を見せて相手DFに競り勝ってました。唯一プロらしい水準にあったと思います。

山田は時折良いプレーは見せるもののパスミスが多過ぎて完全にブレーキ。東もほとんどの時間で行方不明。ボランチの2人はゾンビのようにピッチを彷徨ってただけ。

正直、前線の東、山田、大迫、永井にボールを預けて何とかして欲しかったけど、前述の通り謎のロングボール作戦が敢行されて全然前にボールが収まらず…。あれを延々と90分間見せ続けられたら、奥さん曰く「渋い顔」にもなりますわ。

運動量が最後まで衰える事もなかったのは素直に凄いなと思いますが、戦術としての守備が出来ていないので無駄に走らされてただけの気もします。その辺りも関塚監督への不信感に繋がってます。

日本はシーズンオフだしコンディションが整ってないのかもしれません。試合勘も鈍っているのかもしれません。それについてはある程度仕方ない事だと思っています。

本当に頭に来るのが日本の強みであるボールキープを手放した戦い。日本らしい戦いをして負けたのならここまで腹も立たなかったでしょう。結果を求めて安全策を採ったのなら結果ぐらい出せよ、と。

さて、苦しくなったアジア予選ですが、怒涛のゴールラッシュで得失点差をひっくり返せばどうという事はありません。しっかりと今回の戦いを反省して、次こそモヤモヤを吹き飛ばす勝利をお願いします。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です