第38節 ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FC

ホーム最終戦。気概は感じられるものの、決めるところを簡単に決められての敗戦という脆弱な内容で終わった試合でした。

攻撃では相変わらず良い形を作るし、今節は気持ちも入っているのかフィニッシュまでの意識も高かったわけですが、相変わらずの守備で少ない攻撃チャンスをあっさりと決められてどんどんと突き放される鳥取。

まぁ何度も言いますが、水本と戸川ではもう無理でしょう。相変わらず相手の要求通りのパスしか出せないから苦しい繋ぎばっかり。小井手も変わらず良い動きっぽい感じしか出来ないし服部もちょっと寄る年波に衰えを隠せないなぁという感じ…。

今のメンバーのあの調子なら、ここまでが限界という感じです。

松田監督が来季は指揮を取らないという事で、ここまでのチームの戦いがリセットされてしまうわけですが、リセットするべきは選手だったという気持ちは今でも変わりません。

J挑戦初年度という事でしたが、試合数を重ねるごとに悪い意味で慣れてしまったように見受けられたガイナーレ。徐々に積極性が失われ勢いを無くし、最後の方は選手の技術、質の違いを見せつけられる試合ばっかりだったように思います。

気持ち、運動量だけは負けてはいけないはずなのに、それすらも失ってしまったら勝てるわけがありません。

結局今季は19位で終えたわけですから、来季もまた挑戦者である事に変わりはありません。どんな監督でどんなチームになるのか分かりませんが、気持ちを上に持っていって挑戦し続けて欲しいものです。

お疲れ様でした。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です