第34節 サンフレッチェ広島 vs モンテディオ山形

今期最後の、そしてペトロヴィッチ体制での最後の試合となった山形戦は、まさにサンフレッチェらしい試合となりました。広島らしい失点、そして広島らしい素晴らしい展開での得点。良くも悪くもサンフレッチェでした。

それにしても最後もムジリ出すかなぁ…。高柳じゃないかしら?
それに今節の中島は明らかに悪かったから盛田も見たかったし、服部にしてももっと早く出して欲しかった。ま、それもペトロヴィッチらしいのかもしれません。

でも試合内容に関しては交代以外に何にも言う事無し。
いつか見た「常にサンフレッチェのターン」のような試合で、ワクワクする攻撃的な内容。そこには選手達の「何としても!」という気概を感じました。これがずっと続けば今のような順位も無かったし、ペトロヴィッチ監督の退任も無かったかもしれないんでしょうけど。

今期は優勝を狙って臨んだはずですが、結局昨年と同じ中位止まり。
得点は減っているのに失点は増える。これだと勝てるわけがありません。点を獲られてもそれ以上に点を獲れば良い、という戦いをしていたのは果たして何試合あったのか。色々と後悔するべきものはあったと思います。それは監督よりも選手達の方が思う気持ちは強いと思います。

来期は体制が変わるのでどうなるのか不安と期待が入り混じっていますが、ミシャの築いてもらった後ろからボールを大事に繋いでいくサッカーを継承しつつ、そこに守備をしっかり整備できるようになれば必ず今期を上回る成績を残せるはずです。

当たり前ですがミシャのサンフレッチェは今節で終わりますが、サンフレッチェ自体は来期も続いていきます。頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です