第37節 ガイナーレ鳥取 vs 水戸ホーリーホック

まーーーー、勝てない!
原因ははっきりしてるんですけどね。

序盤は連動した攻撃で金善珉、梅田を中心にチャンスを作っていたガイナーレですが、左サイドの鈴木が対面の小池選手にあっさりとちぎられるとそのまま中までスルスルとドリブルをされ、見事なゴールを奪われます。

勢いに乗ったホームチームはそのまま前からの積極的なプレスでリズムを掴んでいき試合を支配。

後半になっても流れは変わらず、交代で入った奥山が悪い形でボールを奪われてそのままカウンター。サイドの奥深くまで侵入されて折り返されるとドフリーで受けた小池選手がそのままゴールに突き刺し2点目。

直後に森が意地の一点を返しますが、終了間際にはコーナーキックからのダメ押しゴールを入れられて万事休す。またしても連敗街道を走る羽目になりました。

今節の失点シーンは、まさにガイナーレの問題点ばかりが浮き彫りになったものでした。
まず個人能力で劣る鈴木があっさりと1対1で負けた1失点目。頼むからもう少し粘って。
次に前掛かりになったところで奥山が奪われた2失点目。奪われた奥山もそうですが、それよりも一番の責任はパスを出した水本にあると思います。2人に囲まれて窮屈な上に相手の狙いどころにされているにも関わらずパスを出すってどういうつもりなのかしら?毎度の事ですが本当にやめて欲しい。あと通らないロングパス。
そしてコーナーキックをヘディングで決められた3失点目。コーナーキックでは絶対出てこない小針の弱点が出た失点。

チームの力というより個人の力で負けてるんだからもうどうしようもないです…。
特に戸川と水本のコンビは最悪。あれだけ展開力が無い2人がいるのに繋ぐサッカーなんか出来るわけがありません。結局リズムを狂わすのも失点するのもあの2人のパスミスが主な原因となっていると思います。もちろん今節は実信も酷いパスミスを繰り返しましたが、良かったプレーと悪かったプレーのどちらが多かったか、という事なんですよね。

次はいよいよラスト。
J初年度として挑んだ最後の試合。少しでも良い形で、来年に繋がるような試合をしてもらいたいものです。
総括はその後で。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です