九州に帰っていた両親から宅配便でイチゴやみかん、柿が送られてきました。

イチゴやみかんはまぁ普通に美味しいのですが、その中でも「柿」に衝撃を受けました。

まるでシルクのような繊維質の実。歯ごたえはシャリっと心地よく、サクサクと噛むごとに甘味が増し、後味がサッパリ。それは柿という名を借りた新種のフルーツ。民家の木に生っている柿とは違い、大事に大事に育てられた王家の一人娘さながらの装いは大きさまで揃った粒揃い。牛で例えるなら、そう松坂牛。

残念ながら柿の品種も分からなければカメラにも収めていないのですが、この感動を皆にも分かち合いたくて、いや、自慢をしたくて文章にしてみました。

あんな柿が世の中にあるの…?


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です