第31節 サンフレッチェ広島 vs ベガルタ仙台

途中つまづいたものの、ここに来てまた快進撃を続けている仙台相手の一戦はスコアレスドロー。ここ最近の試合では攻撃、特にフィニッシュまで持っていく意識が高い試合を観られて久々に良かったかなぁと思う反面、相変わらず守備がグダグダだなと思った試合でした。

守備が拙いといっても、それ以上に攻撃にかける時間とボール回しの上手さが際立ったので総じて満足度は高かったです。まぁ仙台の攻撃にパスミスが多かったというのも救われた一因でしょうけど。

特に佐藤寿人は気合入ってたなぁ。いつも以上に献身的に下がったりシュートを狙ったりしてましたね。なかなかチャンスは無かったけど悪くなかったと思います。

逆に高萩は…。
何度か転がってきたチャンスを一つでも決めていれば良かったんですけどねぇ。
それでもよく「チャンスを逃し続けると罰を受ける」と言われていますが、今節では最後まで集中を切らさず攻め続け、結果無失点に抑えたのは良かったです。「攻撃は最大の防御」を思い出したかのような戦いぶりでした。

あと地味にトミッチのプレーが気に入ってるので浩司の代わりに先発しても良いかな?と思ってます。ペトロヴィッチ監督は青山の交代枠で考えているみたいですけど、青山は出来る限り使い続けて欲しいです。青山が上がってくればチーム全体も良くなります。(今でもだいぶ良くなってきましたけど)

あとはやっぱり守備ですよねぇ。
素人目線だから「この時にはこういうシフトで動いてる」とか戦術的な事は分からないのですが、単純に「ボールに近い人が奪いに行きましょう」ぐらいの約束事しかないように見えます。奪いどころも決まってなければ、追い込みどころも決まってない感じ。

攻撃の上手さと守備の杜撰さが混在しているのが今のサンフレッチェ?
今節は攻撃が上回ったから良く見えた、という印象。ま、それならそれで良いんですけど本気でタイトルを狙うのであれば丁半みたいな「どっちが上回る?」じゃなくて「守備もそれなりにイケるよ!」ぐらいにはなってもらいたいところ。(例外としてガンバは明らかに攻撃力がハンパないので攻撃偏重でも問題ないんでしょうけど)

あとはやっぱりもっと若手に活躍してもらいたい。
正直、若ければ良いモンでもないし、30だろうと35だろうと活躍する人は使い続けるべき。中島もまだまだ出来るだろうし、寿人、和幸、浩司もやっぱりレギュラーを取れるだけの理由があります。

ただチーム内のポジション争いがないと、これもやっぱりタイトル争いなんか無理だと思います。ペトロヴィッチ監督もその辺を考慮しながら敢えて若手を起用するとか、今のレギュラー組を発奮させる良い意味での競いあいをさせてもらいたいですね。

残り試合も少なくなってきましたが、少しでも来年に向けて希望が持てるような戦いを期待してます!してますぞー!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です