第33節 ガイナーレ鳥取 vs カターレ富山

まぁ酷い試合!それ以外に掛ける言葉は無いですね。

前半、富山の圧力に押されてなかなかボールを前に運べない鳥取。まぁそういう時間帯も当然あるさ、慣れてくるまで耐えるんだと思ってたら、「なぜお前が先発なの?」と毎試合思う水本の相手へのプレゼントパスであっさり失点。

その後、徐々に相手のプレッシャーに慣れてきた鳥取がペースを掴んでいきます。
前半終了間際にはこぼれ球を拾った奥山がシュート、キーパーが弾いたところを詰めた福井がしっかりと決めて同点に追い付きます。

後半、もう一度前からプレッシャーに来る富山に完全に飲まれた鳥取。
しっかりと我慢強く守れば良いのに、富山が気持ち良く出来るような接待サッカーを演じます。

プレッシャーを掛ければ慌ててボールを蹴りだしてくれる、ちょっと動けば簡単にフリーにさせてくれる、飛び出したところにボールは来る。富山にとってはどんどん勢いが付いてくる攻めをさせてくれるので楽しくてしょうがないでしょう。

鳥取にとってはまさに悪夢のような時間。というかプロとは思えないぐらいのパニくり具合。まぁ酷いとしか言えない…。

試合はPKによって一点を返すものの、4-2で完敗。
沸々と怒りしか湧いてこない試合を観させられました。

最近固定されているDF陣。特にセンターバックの2人、どうにかして欲しい。
今節、水本は何回ミスをした?それもパスミスじゃなく守備のミスを!彼を観るのは限界。展開力もない、足も遅い、守備もルーズじゃどうにもならんでしょ。
戸川もあまりに判断が遅い。ボールを大事にする戦術であるならば後ろの選手ももっとワンタッチで回すとか足元が良くないとダメでしょう。

あと全般に言えるのが無責任なパスが多過ぎ。(特にセンターバックの2人)
前も書いた覚えがありますが実信と三浦以外、受け手の状態も考えず苦し紛れのパスを出す人多数。狙いどころにされてるのにそこに出してしまうって、そりゃパス回しも苦しくなりますよ…。ここがサンフレッチェとの大きな違いなんですよねぇ。

あまりにも酷過ぎる内容に呆然としましたが、唯一良かったのは福井でしょうか。ドリブルで相手を抜くシーンもあったし、ハメドと違って攻撃が上手く機能するように立ち回ってました。前回観た時よりも良かったです。
富山の前線からのプレッシャーが激しくてなかなか前までボールを運べない状態で、ボールにあまり絡めなかったですが次も観たいと思わせてくれました。

さて、今節の試合を観ても守備の箇所をどうにかするべきなのは明白。
残り試合も5試合ぐらい?になった状況で戦術の大幅な変更が出来ない以上、人を入れ替えながらどうにかするしかないと思います。水本は累積警告で次節は出場停止らしいので、代わりに入った選手に期待。
そして不動の位置にいる戸川ですが、彼も変更して危機感を煽るべきだし、実際そういう存在を待ち望みます。

残り試合、少しでも良い結果をお願いします、マジでー。

あと来季はサンフレッチェの丸谷がレンタルで(完全でも良いけど)来てくれると嬉しいんですけど。サンフレッチェだとレギュラーは厳しいし、公式試合に出続ける為にも地元の鳥取でやるのが望ましいと思うんですけどねぇ。鳥取のエライ人、打診してみれば良いのに。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です