第32節 ガイナーレ鳥取 vs コンサドーレ札幌

前節、あまりにも不甲斐ない試合で憤慨してしまいましたが、今節は気持から質から全て相手を上回り良い試合をしてくれました。

逆に札幌は一体何をもって試合に臨んだのか、最後のパワープレー以外での怖さが全く無く、唯一のチャンスは内村選手の飛び出しだけという内容の乏しさだったと思います。丁度前節の岡山が鳥取で、鳥取が札幌になり変ったような印象。

チームとしては距離感が非常に良く、ワンタッチでのパス回しとピッチを広く使った展開で終始試合を支配していたと思います。

まずのその要因としては右サイドの尾崎、今までと打って変わったように前線に顔を出す回数が増えていました。お陰でパスの出し所が増えてスムーズな攻めに繋がっていたと思います。ただ、それでも丁東浩の方が良いと思いますけどね。というか、今節は韓国コンビが二人ともベンチ入りしてないですけど…早く戻ってきて。

逆に左サイドですが、やっぱり加藤は真ん中に置くべき。サイドとか狭い場所だと活きないと思います。相変わらずパスミスのオンパレードだった水本を下げて左に奥山、真ん中に戸川と加藤の方がもっとボール回しが良くなると思うんですけどねぇ。水本にDFとしての強さもあまり見られないし。

それから今日のMVPは小針。シュートストップの反応はさすが。決定的なチャンスを3回ぐらい止めてくれました。後はCKで勇気ある飛び出しをしてくれれば完璧なのにな。

実信は相変わらずの安定感。彼がもう一人欲しいところ。

三浦は今節も良かったと思います。そこまで試合を作れませんが、しっかりとボールを回していけるのと運動量の豊富さは鳥取にとって非常に有用。

ハメド、点を決めてくれました。ただやはりトータルで見ると無駄なキープで攻めの流れをぶち切ってるシーンがよく見られるので、やはり切り札的な存在としての使用が今は最良だと思います。

美尾はだいぶ調子が上がってきてますね。3ヶ月、くすぶっていた気持ちを残り試合で爆発させてもらいましょう。

岡山戦以外は悪くない試合をしているここのところの鳥取。
もっと安定してチーム力を発揮できればもっと上の順位にいけるのにね。残り試合もこの調子で頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です