第31節 ガイナーレ鳥取 vs 大分トリニータ

ちょっと調子を取り戻してきたガイナーレはホームで大分と対戦。

試合はお互いにミスをし合って何となく締りが悪い感じで進み、結局スコアレスドロー。お互い少ないビッグチャンスを決めきれなかったのが痛かったですね。

そんな中、鳥取にとって美尾復活は嬉しいニュース。
残り試合数も少ないですが、コンディションを取り戻して活躍してもらいたいですね。

で、試合の方ですが、鳥取のダメなところは片方のサイドに寄った時、プレッシャーを受けると全てそのサイドでパスを回そうとしてしまうところですよね。あそこで逆サイドとか中央とか見れると良いのですが、相手に寄せられて一杯一杯になってしまう。パスの受け手がプレッシャーを受けてるのに自分も苦しいからそこに渡してしまう。そら狙われますわなー。

現状、そこを打破できる人間が実信しか居ないのが辛いところ。三浦も若干その意識が強いのか、周りがダメだと思ったら自分で持ち出したりも出来るのですがまだ役不足かなぁ…。でもその責任感は買います。次も頑張れ。

そして久し振りの先発となった阿部。
いや、良かったですね!ハメドのようなキープやドリブルは無理ですが、ポストになれる、サイドに流れてスペースを作るといった周囲が動きやすいようにプレーしてました。惜しむらくは金善珉のシュートをGKが弾いて、反応良く詰めた時にしっかりと決めきれなかった事。あのビッグチャンスを決めていれば他のFW陣よりも一歩抜きん出れたのにね。

あとセンターバックの2人。あまりにもミスが多過ぎるかと。これから攻めようという時に、その一つ目のパスでミスってどうする。あれでリズムを崩した部分もあったし(特に前半の入りが良かったのに…)、全体を通して締りの無い試合になってしまったと思います。それと戸川はもう少し判断を早くしてボールを出した方が良いですね。

小針は今節も良かったですね。至近距離でのシュートに左手一本で反応したシーンは痺れました。あとCKも少なかったから助かった…。

攻撃の形としてはハメドが居なくても作れていたし、惜しいシュートシーンもありました。美尾も徐々に調子が上がれば先発からという事もあるでしょう。負けていないというのも大きいのかもしれません。この調子で最終節まで突っ走って欲しいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です