第30節 ガイナーレ鳥取 vs 湘南ベルマーレ

久し振りの勝利!
今のガイナーレにとって大事なのは勝利。まずは勝った事を素直に喜びたいですね。

そして試合自体はポジティブな面とネガティブな面、両方あった試合でした。

ポジティブな面は前半。前からの積極的な守備と速いパス回し、そして攻めきる姿勢、何よりその時間帯に点をとれた事。前半に関してはガイナーレの良さが存分に出た内容だったと思います。

ネガティブな面は後半。相手が前掛かりに来た時にそれを圧し返す力がありません。こういう時にこそ繋いで自分達の時間を作れれば良いのですが、それが出来ないのが今のガイナーレの実力。
特にCKは湘南の反町監督が言うように「鳥取はGKがコーナーキックで絶対に出てこないので、柔らかいボールでもいい。」と完全に一つの狙い目にされてました。実際、湘南の拙攻によって助かりましたがヒヤリとしたシーンも何度かありました。それでも無失点で試合を終えれたのは良かった。今の鳥取に必要なのは結果ですから。

選手ですが、小針の長所はボールが飛んでくる位置取りの嗅覚が鋭い事でしょうか。今節でも何度かピンチを止めてくれました。それでも相手監督も分かっているようにCK時の危うさは健在。Ckの時だけ別のキーパーにチェンジしたい。

三浦は今節も良い仕事してましたね。この調子なら服部が戻ってきても先発で使って良いと思います。

ハメドは確かに良いのですが最近は悪い面も目立ちます。今回もボールを持ち過ぎて攻撃のスピードを停滞させるシーンがチラホラ。やっぱり一度ハメドを外して吉野を入れてみるのも面白いと思うんですけどね。どうかしら。

丁東浩の代わりに入った尾崎ですが、まぁ無難なプレーでした。でもやっぱり攻めの推進力だと丁東浩の方が良いですね。チョンボもしますけど。

久し振りの勝利となったガイナーレ。
今節の前半で見せた良い戦いを少しでも長く続けられるようにすればまだまだ勝ち星は獲っていけるはず。次こそホームで勝利を!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です