第28節 ガイナーレ鳥取 vs ロアッソ熊本

(´・ω・`) ← この顔が全てを物語ってます。
攻めて攻めて攻めながら負けました。何だろうな…。

熊本側からしたら唯一良いシーンだったと思われる、パスが繋がった場面で得点を奪う事に成功。後はひたすら引き篭もり作戦で耐えて耐えて勝利に繋げた感じ。決して魅力的とも楽しいとも思えない戦術ですが0に抑えたという点で結果として有効な試合運びだったのでしょう。

対する鳥取。ゴール前を固める熊本を崩しきれず。
クロスボールをことごとくはね返され、圧倒的にゲームを支配すれど点は入らず。逆に自陣の深い位置で相手にボールをプレゼントしてしまい、2失点を喫しての敗戦。繋ぎのところでは良い面も見られるもそれだけでした。全般的にミスが多く(特に奥山と服部)、ピリっとしない内容でした。

丁東浩、失点に繋がるパスミスを犯してしまいましたが、下を向く必要は無し(あんなのはサンフレッチェで慣れてるし)。
確かに自陣の深い位置で相手のプレッシャーを受けながらパスを回すのは常に相応のリスクを背負いますが、リスク以上のメリットがあるのも確か。とことんこだわって貫いて欲しい。

鳥取の問題はむしろ得点出来なかった事でしょう。
先制点を決められ、完全にゴール前を固められた事によって試合を難しくしてしまいましたが、あれだけペナルティエリア付近にボールを運べたので何度かは決定的チャンスを作って欲しかったです。

あと前節良かった三浦が負傷て。残念でした。交代で入った面子が住田、梅田、岡野じゃ得点の匂いはあまりしませんね。そこも残念。

相変わらず良い試合はしてくれます。が、一人一人がもう少しレベルアップしないと辛い状況かな。せめてトラップをしっかり足元に収めるようにならないと攻撃のテンポも遅れるし相手に狙われてしまいます。特に奥山、最近元気ないけどやれば出来る子のはず。頑張れ!

残り試合数は少ないですが少しでも良い試合を、そして得点を決める事が出来るように応援してまっせ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です