第26節 サンフレッチェ広島 vs ジュビロ磐田

前節の反省が活きた!そう思わしてくれるような快勝劇を演じてくれた今節のサンフレッチェ。久し振りに90分間通して良い試合をしてくれました。

前半の立ち上がり3分こそ李が先制しましたが、前半の戦い方自体はジュビロの要求通りの試合だったと思います。「あんたらの嫌がる事は分かってますよ。」とばかりに前線からプレッシャーに来るジュビロ。前田選手が広島の最終ラインにプレッシャーを掛けた瞬間に連動して2列目、3列目がマンマーク気味に張り付いて広島お得意のパスを封じると、最終的に西川がボールを大きく蹴りだしたセカンドボールを拾って攻める。

もう憎らしいぐらいにそれがハマってました。さすがジュビロだなぁ、と。

それでもミキッチの突破からPKを獲得して2点目を奪うあたりはサンフレッチェも負けてません。

ところがその直後に一番警戒しなくてはいけない前田選手をPA前でフリーにしてしまい決められてしまいます。「本職のDFは水本だけ」と胸を張るペトロヴィッチ監督の言う通り、守備がルーズなサンフレッチェ…。

何となく前節の事があるだけに嫌な感じで前半を終了します。

後半、同じように前線から積極的にいくジュビロでしたがそれがハマらなくなります。戦術的な事は分からないのですが、サンフレッチェが相手に慣れてきた?
とにかく前半あれだけ後ろで苦しい繋ぎをしていたサンフレッチェですが後半には森崎浩司、青山、高萩、中島が積極的にボールに絡んで磐田の網をかいくぐって相手陣内に攻め入る時間が増えてきます。なんか「絶対に気を抜かない」気持ちが伝わってくるぐらい球際での強さが際立ちます。

そして後半12分にはいつも「やられる側」であるはずのCKで李が得点を決めて3-1と突き放します。

その後も危なげなく試合を支配しそのまま終了。

一つの勝ちという事実以上に選手達の自信を取り戻す勝利だったと思います。

それにしてもミキッチが負傷退場みたいな感じでしたが大丈夫でしょうか?まさに今のサンフレッチェにとって替えの利かない選手なだけに心配です。

それ以外はほぼ文句なしですね。山岸が少し行方不明気味でしたが守備は頑張ってました。駒野を自由にさせなかった功績は大きい。
攻撃陣もムジリが居た頃のちぐはぐさが無くなってコンビネーションが確立しつつあります。青山も徐々にトップコンディションになりつつあります。高萩はパスミスが結構多かったですが、運動量とボールの落ち着きどころという役割を十二分に果たしてくれました。浩司は入りは体が重そうでしたが徐々に強さが目立ってきてました。
これだけ状態が良ければ今後も良い試合が期待できます。

あと一つ気になるのは、ジュビロを観ていても分かるようにやっぱりある程度組織だった守備は大事かな、と。多分ボールをキープし続ける事によって守備の時間を短くするのが狙いだとは思うのですが、今回のようにボールの落ち着きどころがないと守備の拙さが目につきます。
PA付近で本気を出し始めるのは良いのですが、危険な位置でのファールは致命傷になりかねません。せめてもう少し高い位置からボールホルダーにプレッシャーに行って簡単に前にボールを運ばせないようにするぐらいの取り決めぐらいは欲しいところ。

そうは言ってもミシャの「5点取られたのが問題ではなく相手より点が取れなかったのが問題」という発言は嫌いじゃないですけどね、賛否両論はあると思いますが。

ようやくサンフレッチェらしい戦いを久し振りに観れました。この調子で残り試合を全勝する気持ちでやってもらいたいですねー。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • テレビのスポーツニュースで「ミキッチ、ミキッチ」と言うので、何でこのアナウンサーは「三木っち、三木っち」と愛称っぽく原稿を読むのかなあ、と思っていたのですが。。。
    三木選手の登録名がミキッチなのは、実は福島第一原発の放射能は全部漏れてしまってます、ぐらい常識なのですね、そうですね!?

  • >DC5さん
    そうです。玉子さんをたまごっちというぐらい常識なのですよ(。≖ิ‿≖ิ) ニヤッ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です