第25節 サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪

前半完璧な内容で3得点と圧倒したサンフレッチェ。
これは後半やられるかも、という不吉な予感が見事に当たった試合になりました。

サンフレッチェの試合を見続けてると前半良くて後半悪いという試合によく出くわします。なんなのかしら?メンタルの問題だと思うんですけどね。

「受け身にならず攻める」と頭では分かっても気持ちが守りに入って及び腰になるんでしょうね。だからあれだけズルズルと下がってしまい、ボールホルダーにプレッシャーにいけなくなるんでしょう。これは誰が悪いというよりチーム全体の問題です…。

これだけ前後半で波があると、とてもじゃないですけど安定した試合は難しい。
選手たちは今一度試合を見返して「なんで意味もなく浮足立ってしまったのか」を認識してもらいたい。まぁこんなメンタルが豆腐のようなサンフレッチェも嫌いではないのですが…でも3点リードなら少なくとも勝って、いやマジで。

そんな感じですので、試合内容はセレッソが良かったというよりサンフレッチェの自滅という印象が強いです。敢えてセレッソの良い部分といえば後半から入った播戸選手のメンタリティでしょう。あれでセレッソに火が付いた感じ。

逆に広島は私の中で終わった選手、横竹の交代が痛かった(森脇の怪我が深刻で無ければ良いのですが…)。それから展開力やキープ力が今一歩な丸谷の交代で攻め手が無くなっていった印象。最後は山岸から石川の交代の方が面白かったと思うんですけどね。

まぁショックな敗戦ではありますが、少なくとも前半は最高の戦いが出来ました。
ドリブルでゴリゴリ来るセレッソでしたが、得意のコンビネーションで徐々に圧し込んでセレッソ陣内に釘付けにしたサッカーはさすがサンフレッチェ。李と佐藤寿人、高萩の関係も良くなってきたし、山岸も少し上向いてきました。水本がまだ強さを発揮してないのが気になりますが、その他の選手は軒並み調子が上がっていると思います。

とにかく10分でも20分でも良い組み立てが続くように、試合中の好不調の波を少しでも減らすようにすれば勝ち切れる試合が増えてくると思います。

もはやACLも望めない、消化試合のような中位争いに突入してしまいましたが、少しでも上位に顔を出せるようにこれからの一試合一試合を大切に戦ってもらいたいです。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です