五輪最終予選 日本代表 vs オーストラリア代表

3連勝しましたね。
まずは手放しで「ありがとう!おめでとう!やったね!」でしょう。

そしてこの試合ではオーストラリアの息切れが思った以上に早かったのを差し引いても内容が伴っていたと思います。サイドを広く使った展開や裏への抜け出しなど、ヘロヘロのオーストラリアを見事に切り裂いたと思います。とは言っても日本の運動量もさほどでは無かったと思いますが…。

前半の決定機をあれだけ逃して嫌な予感はしましたが、もはや日本のエースである川澄がしっかりと点を取って試合を決めてくれました。次戦の戦いを見据えて、少しでも休ませる為の途中交代となりましたがその働きは十二分に発揮されました。

そして前半の決定機を外しまくった永里。「やっぱり…」というガッカリ感も伴って「なんでまた先発?」と憤慨してましたが、後半の働きを観る限り非常に評価が難しくなりました。
オーストラリアのプレッシャーが弱いにせよ、前線でキープする率は高かったですし、得点のアシストもしました。終盤には交代で入った丸山よりも走って前線でプレッシャーを掛け続けていました。本田圭佑の得点能力欠如版と思えばなかなかの働きかなぁ…。
この試合のように体の強さを活かして前線でキープをしていければ永里でもありかも。

あと熊谷は初戦もそうでしたが、あんまり調子が良くないですね。解説が「ディフェンスからの縦に入れるパスミスが多いので注意しなくてはいけません。」の「ディフェンス」の箇所は「熊谷」しか当てはまらない気がします…。もうちょっと安定感を出してくれないと見ていて心臓に悪いです。

逆に坂口は調子が上がってました。韓国戦はパスミスのオンパレードでしたが、オーストラリア戦は(プレッシャーの緩さはありましたが)目立ったミスは少なく、良いプレーや安定したプレーが観られました。この調子をキープしてくれれば北朝鮮が相手でも強さを発揮できるはず。

あんまり状態が芳しくない中でも、しっかりと勝ちきる強さを見せるなでしこ。
王者に相応しくなってきたと思います。次戦は反日ドーピングによる1.3倍増しで向かってくる北朝鮮ですが、相手が寄せる前にパスを繋ぎ、コンタクト勝負を避けてキリキリ舞いさせてやりましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です