ワールドカップ3次予選 日本代表 vs 北朝鮮代表

寝起きから仕事着に着替えた奥さんを見て「小奇麗になったね。」と言ったら「小が余計」と言うので、「ギレイになったね。」と言い直したら喜んでくれました。

さて、昨日の日本代表の試合ですが、よく最後に点を取ってくれたな、と。
ギリギリで結果を残せたのは間違いなくプラス。こういう試合で大事なのは結果ですから。

でも試合内容を観ると本当に苦戦しましたね。意外にも中盤でもガツガツ来る北朝鮮に対して、パスミスが散見される日本代表。こちらが遠藤や長谷部が上がって圧力を強めても撤退作戦でスペースを与えず、ボールホルダーにプレッシャーを掛ける北朝鮮。両サイドもなかなか相手陣内深くまで侵入できないし、内田のアーリークロスはチャンスらしいチャンスも作れませんでした。

岡崎にしろ香川にしろ、ボールを持つとドリブルをしたがる傾向にあるので、なかなか中と合わずに歯がゆい思いもしました。特に李の場合、裏への飛び出しとかワンタッチ交換での飛び出しとかサンフレッチェで慣れてる分、なかなかボールが出てこないからやり難さがあったかな。(まぁサンフレッチェ目線での思いですけど)

そして柏木も早いパス回しでのコンビネーションとか裏への勝負パスが得意な分、なかなか周囲と合わず難しかったかな。(これもサンフレッチェ目線ですが)

唯一、遠藤が柏木の位置取りを感じてくれたりしてましたが、それでも柏木自身アピール出来たとは言い難いです。シュートも力入り過ぎだし。

特に今回は李と柏木が日本代表で一緒にプレーするのがもう感慨深くて、贔屓目に見るのは許してもらいたい。

試合は最後の最後でブログ番長吉田が決めてくれて何とか勝ち点3をゲット。本当に良くやってくれた。でも私的には終盤の長谷部の鬼ドリブルが一番凄かったです。さすがキャプテン。

北朝鮮の強固な守備に手こずりましたが勝利という事で前向きに次戦に向かえます。柏木や李もまだアピールするチャンスはあるはず。是非とも次のウズベキスタン戦で輝いてもらいたいですね。

(後はサンフ青山が遠藤や長谷部のバックアッパーとして定着してくれると最高)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です