第24節 サンフレッチェ広島 vs アルビレックス新潟

1分2敗。良い試合はするものの点が入らず、中位争いに落ちてしまったサンフレッチェ。

ここで負ければいよいよACLすら遠い彼方になってましたが、なんとか1点を取って勝利。4試合振りの勝利となりました。

この試合でまた先発となった山岸。何か期するものがあったのか、積極的に前線に絡んでました。前半途中までは味方のフォローが入らず、相変わらずのバックパスばっかりだったのですが、後半あたりには周囲もフォローに入り、スムーズな攻めを見せるようになってきました。少し光明が見えたかもしれません。

守備では、新潟の攻撃が前線3人(チョヨンチョル、ブルーノロペス、ミシェウ選手)の個人能力頼りだけだったので危険なシーンは皆無。崩されてヒヤっとシーンが一つも無かった試合です。

その守備の要、森崎和も相変わらず好調を維持していますし、水本も調子が少しずつ上がってきてます。逆に森脇は最近人任せなプレーが目立ちます。あれではとてもじゃないけど代表に呼ばれないでしょう。

攻撃陣ですが、李の代わりに弾き出される格好となった青山。途中出場もあまり効果的な動きができませんでしたが、佐藤寿人が下がってキャプテンマークを任されると俄然動きが見違えてきました。パスを出す、リズムを変える、ドリブルで持ち込む。急に絶好調の時のような青山が出てきました。キャプテンの責任がここまで変えた?何にせよこれで少しでも調子が乗ってくれば良いのですが…。

そして懸案事項の李と寿人のコンビネーション。
やっぱりまだしっくりいってない感じ。ズレが結構あります。そして森崎浩司が前にいた時と比べてスムーズなボール交換が上手くいきません。
多分、李が下がって受ける、動きまわってスペースを作る、パスの出し手となる、といった動きが出来ないからだと思います。まぁそれは仕方ない、だってストライカーですもん。ただ、あまりにも良い動きをするからペトロヴィッチ監督としては先発から使いたい。でも絶対的エース寿人がいるから位置的にシャドーとして李を配置する、けどなかなか上手くいかないといった感じなのかな?

悩ましいとこですが戦術が破綻している程ではないのでこのままいくしかないでしょうね。

石川、ドリブルを失敗したりしてあんまり目立てませんでしたがあのガムシャラさが良い。とにかく続けていってもらいたい。

そして今節のムジリは良いムジリでしたね。点を取ったのはもちろんですが、無駄なキープがありませんでした。一点取って乗ったのか分かりませんが積極的にシュートに行って攻撃を終わらせてました。やっぱり彼は70分以降の選手。

とりあえず勝利して一息ついたサンフレッチェ。しかし今節の得点はムジリが相手DF2人を外して決めた個人技によるもの。流れの中で得点できてこそサンフレッチェ。これが量産できるようになればまた上を目指していけるので、今の調子をキープして次節も狙ってください。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です