第23節 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

2連敗のサンフレッチェ。風の噂で「あまり良くない」と聞いている浦和との対戦となりましたが、試合はお互い現状に見合う内容=スペクタクルとは程遠い内容で引き分けとなりました。

序盤はサンフレッチェの攻勢。
いつものように後ろから徹底的に繋ぐサッカーで浦和に主導権を握らせません。そしてそんな時のサンフレッチェは明らかに良いサンフレッチェ!スペクタクルとは程遠いと書きましたが、この序盤20分ぐらいまでの展開はワクワクする試合で、さすがの洗練された戦い。

ところが最近の広島はこれが続かない。
一度相手に流れが傾くと途端にチーム全体に疲れが訪れるかのように足が動かなくなり、パスコースがなくなり、パスミス、トラップミスのオンパレードとなり、そのまま相手にリズムを渡してしまいます。

そうなると勢いづくのは浦和。という感じでもなく、唯一柏木だけが違いを生む動きをして浦和を活性化させようとしてましたが、周りの連携が良くないのか広島守備陣の前でボールを回すばっかりで何とも緊張感のない試合となってしまいました。

そんなマッタリした雰囲気で前半終了。

後半の序盤も失点するまで記憶喪失のように印象がありません。一瞬の隙を突かれて原口選手に決められると、その4分後にはCKから李がヘディングで決めて同点に追いつきます。

その後も残念ながら得点シーン以外は靄がかかったようにあまり覚えてません。「相変わらずムジリは意味のないキープが多いな」「李はやっぱり凄い」「水本、そこは…っ!」ぐらいでしょうか。

試合はそのまま終了。
お互いのチーム状態を示すかのように1-1のドローで終わりました。

もっとも広島はそんなに悪くないと思います。一時期と比べてもゴール前のシーンも増えましたし、シュートも増えました。惜しいシーンが何度もあります。もう何cm内側に飛んでくれれば外に弾かれる事なく、ゴールに吸い込まれていたでしょう。

あとは良い時間帯をどれだけ継続できるか。流れが悪い時にどれだけ我慢できるか。これに尽きると思います。
もうちょっとだと思うので次こそ勝利を!

ちなみに選手ですが、山岸は酷い。味方からも既に信頼されていないのか、ハブられ具合がハンパないです。中島、浩司、カズ、青山からほぼガン無視されてましたな。まぁ今の山岸は上がれない、走れない、競えないの3拍子が揃ってますから仕方なし。むしろ問題はその山岸の代わりが居ないという事ではないでしょうか。第一選択肢が山岸という時点で他がどんだけ酷いのかと。
ただ山岸の良かった頃を知ってるだけに彼にはもう少し頑張ってもらいたいんですよねぇ。もう少し開き直ってくれないかな。前線への飛び出しから中へ切り込んでのシュートとか観たいです。

中島は完全に復調しましたね。お疲れモードに入ると途端にプレーが雑になるのは相変わらずですが、今のところ攻撃面では彼に頼りきりの感があります。そして結局最後まで前後で働いてるのが彼だし。

青山は調子が上がってきたかと思ったのですが、今節は良くなかったです。ハーフタイムの交代もやむ無し。せっかくザッケローニ監督が来てたのにね。残念。

森崎和、いつも言う事なし。凄過ぎる。中島が目立ちますが、カズのドリブルも安定感があり違いを生み出せる一人です。そして森崎浩も今節は大車輪の活躍。

李はいきなり結果を出しましたね。ただ彼に頼りすぎるようになってはダメだと思うし、李も周囲との連携をもう少し高めていけば相乗効果でもっと良くなりそう。何となく「俺が何とかしなきゃ」状態っぽいので無理なドリブルを仕掛けて空回りしないと良いのですが…。それでもあの推進力とゴールを狙う姿勢は突き抜けてます。凄い。

ムジリ、交代直後はワンタッチで簡単に捌いていたのですが徐々にボールを持ちたがり周囲との連携が合わなくなってきます。もっと早くパスを出してあげないと周りも動きづらいでしょう。せっかくの視野の広さが台無し。

そんな感じでしょうか。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です