第22節 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

負けるべくして負けた、そんな印象。

前半、ビッグチャンスが3回程あったわけですが入りませんでした。それ以外にもパスの微妙なズレやGKの目の前へのシュートなどで、惜しいシーンを作るもことごとく入りませんでした。

その時点で何となく今日は負けそうだな…と思ってましたが、本当に負けるとは!負けるかもと思いながらも期待して観るから、やっぱり落ち込み具合は同じなんですよね。

後半から森崎和が負傷(?)で交代したのが痛かったですね。結局その交代で入った盛田が試合の流れに入れず、CKで岩政選手に思いっきり外されてズドン。
その後も守備に拙いシーンも散見されましたし、今回は猛省して欲しいところ。

今の鹿島は強い頃の鹿島に戻ってきた印象。
一点を取った後は強固な守備で試合を殺し、チャンスと見ると一気のカウンター。守備も攻撃も隙がない大人のサッカーで負けました。
逆にサンフレッチェは日程の有利を活かせず、先制を許してしまい最後は鹿島のペースに持っていかれました。前半良かっただけに本当に悔やまれる試合。

ちなみに鹿島の試合は好きなので時々観るのですが、穴はGKだと思ってます。
実際、決定的なシーンのうち2回は曽ヶ端選手の中途半端な飛び出しによるもの。でもその時にバーに嫌われて得点できなかったのが『運』なんでしょうね。サッカーの神様に「優勝争いする資格はまだ無い」と言われたのかも。

でも負けはしましたが徐々にサンフレッチェらしい試合を見せだしたのも事実。
こうやって自分達を出し切って負けたのなら仕方ないと諦められます。今回は相手の方が上手だった、と。

だからこそムジリが先発していた5~6試合が本当に勿体ない気がしてなりません。が、もう済んだ事ですね。

これから先は痺れるような環境の中での試合ではなく、中位争いの様相になってきましたが少しでも上位に近付くため、ACLを狙える位置に付けるため、何よりも取り戻してきた面白いサッカーで観客を魅了するために頑張ってもらいたいところです。

あ、忘れてましたが今節で唯一不満なのが山岸。本当に酷い。
ケガ明けからここまで何回も使われてますが全然パフォーマンスが上がってきません。交代直前あたりは信頼を失ったのか、フリーでもパスが出ませんでした。逆に青山は徐々に調子が上がってきて何回もエグいパスを出せるようになったんですけどね。

でもその山岸が先発を務めるという事は、それ以外の選手はどんだけー?て話なんですけど。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です