第3節 ガイナーレ鳥取 vs 栃木SC

草津に5-0と完勝した後、0行進で2連敗を喫した鳥取。
今節こそは、と思ったもののやはり無得点で手痛い敗戦を喫し、3連敗となりました。うーん、美尾の抜けた穴が大きいかも…。

前半は栃木が前掛かりで激しいプレッシャーを与えてくるので思うようにボールを繋げない鳥取。苦しい時間帯を凌いでいましたが、前半29分に中央で受けたリカルド・ロボ選手から右サイドに。走り込んできた水沼選手がシュート性の早くて低いクロスを上げるとドンピシャで合わせたサビア選手が決めて先制点を奪われます。あれは敵ながらお見事というか、よくあんな速いボールを合わせたな、と取られて已む無しという失点。

その後も栃木の方が動き出しが速く試合を支配しますが、前半はそのまま終了。0-1と折り返します。

後半も序盤は栃木が攻め込みますが、運動量が落ちてくると徐々に鳥取ペースに。
小気味良いパスが繋がりだすと丁東浩、奥山の両サイドバックも攻撃に参加しだし栃木ゴールに迫ります。

セカンドボールも拾え、波状攻撃を仕掛ける鳥取ですが最後のフィニッシュに精度を欠きゴールを奪えません。

同点にするチャンスはありながらも怒涛の攻撃が実らず試合は終了。終わってみると3戦0封での敗戦となってしまいました。

という事で、ここ3試合無得点となってしまいましたが、冒頭で述べたように美尾の欠場が痛いかな、と。代役である鶴見も良い仕事はしてるのですが、決定的なチャンスを2度ぐらい外しましたし、阿部もボールをよく収めるのですが、肝心のシュートがなかなか…。決して悪くないここ3戦ですがゴールが無いのでなかなか勝てません。逆に言うと試合内容は悪くないのでブレずに継続してもらいたい。(まぁゴールの形は何かしら戦術的な意味で約束事が必要かもしれませんが)

もっと欲を言えば、相手が前掛かりでボールを奪いに来た時に慌てずに捌ければもっと楽になるんですけどねぇ。でも相手も必死だからなかなか難しいか…。特に前半はボールを持ってもパスを出せる味方を探すシーンが目立ったのであそこで負けずに相手より動ければ、相手の方がガックリ来たかも。

選手ですが、今日の小針は良い小針でした。反応の良さはさすが。コーナーキックもそんなに多くなかったからか、「もっと前に出てボールに触って!」というイライラも少なかったです。前に大きく蹴りだすだけでなく味方DFに繋ぐ意識も見られました。でも多分偶然だけど。

サイドバックで加藤をさんざんコキ下ろした私ですが、あの位置の加藤ならアリだと思います。視野が狭いので窮屈な場面が目立ったサイドバックだと全然繋げないし攻撃参加も皆無でしたが、戸川の隣ならスペースもあるし、しっかり繋いでいけてました。

実信は前節のパスミス頻発から比べると良くなってました。が、実信なのでもうちょっと要求したい。苦しい時にもう少しボールを収めてくれると良いんですけど。

阿部は先発を奪えましたね。良かったです。彼がいるとボールが前線で収まるので安心して観れますけどシュート能力は梅田の方が上なのかな…。でもこのまま継続してハメドとの距離感が合ってくると良いシーンが何度も作れそうな予感がします。これからも先発で頑張って!

そのハメド。やっぱりボールがあると上手に収めてくれます。オフザボールの動きが良くないらしいですけど、なかなかテレビ画面に映ってないのでよく分かりません。でもボールを持った時の動きが良いのでプラマイ0という事で。ここまで活躍したら来季、引き抜きに遭いそうな予感がします…。

戸川はDFの中のDFだという感じでいつも安定感あり。丁東浩、奥山も後半は特に攻撃参加も目立ち良かったと思います。最近、小井手が少し行方不明気味なのでもう少し個性を出して欲しいところ。

と、まぁ一人一人を見ていくと、みんな良い動きはしてると思うんです。ただ得点能力のある前線が…というところなんですよねぇ。今の控え選手を見てもチェンジオブペースが出来そうな選手も見当たりませんし、辛いところ。美尾、吉野あたりの復帰が望まれます。

ただでさえ選手層が薄いのに、怪我人が増えてますます台所事情が厳しくなった鳥取ですが、試合内容自体は悪くないので点が取れるまでグッと堪えて継続してもらいたいものです。頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です