第23節 ガイナーレ鳥取 vs 京都サンガFC

前節でなんとなく勿体無さの残る敗戦を喫したガイナーレ。
今節はホームで快勝した相手、京都サンガでしたが前回とは比べ物にならないぐらいチームとしての成熟度が上がっており、見事に仕返しを喰らって0-1の敗戦となりました。

そうは言っても後半、失点をしてからはリスクを背負って攻め上がったのでかなり京都を慌てさせる事が出来ました。が、最後のゴールマウスに入れるというフィニッシュが伴わず零封。得点力という意味では今節、前節と美尾の不在が痛かったですかね。

前半、前線からのハイプレッシャーに晒されて苦しい戦いでしたが0-0で終えたので、後半チャンスがあるかと思ってましたが、後半に入ってからも京都のプレッシャーは衰えず。こらえ切れずセットプレーで失点したのが痛かった。まぁでもあれだけセットプレーを与えてしまってはいつか入れられてしまいます。取られるべくして取られた失点かな、と。

という事で美尾の代わりであろう鶴見。それなりに良い動きはしてたのですが、ゴール前での精度が…。あともう少し簡単に周りに捌いていければ良かったかな。

奥山は対面した京都の伊藤選手に手こずってましたね。相手がどんどん来るので、なかなか前へ張り出せませんでした。=相手に攻められる時間が長かった事を示します。

反対サイドの丁東浩ですが、奥山と比べると少しは前線に顔を出せましたが、それでも押し込められる時間の方が長かったです。

実信はもうちょっと前に居て欲しいですね。後ろにいると不思議な事にパスミスが目立ちます。

加藤はサイドバックの時と比べると意外に無難にこなしてました。そこなら有り、かな。

ハメドは相変わらず持つと面白い。彼を囮にしたら色んなスペースが見つかりそうなんでそこら辺も狙ってもらいたい。

ようやく阿部が先発でしたが、ボールもなかなか回ってこず孤立する場面が目立ったので良い印象は残せなかったですねぇ…。残念、せっかく先発を奪ったのに。でももう一回ぐらいチャンスを与えて欲しい!

連敗を喫した鳥取。
悪くはないけど、やはりちょっと消極的な戦いが少し見えます。もっと自信を持って徹底的に繋いでいく事にこだわれば流れも向いてくると思います。アウェイが続きますが積極的に主導権を握る戦いを期待します!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です