散髪

小さな頃から悪ガキで、15で不良と呼ばれたよ。
ナイフみたいに尖っては、触るもの皆傷つけた。

そんなノブ夫(仮名)が17になり初めて知った職人の世界。
涙もろく寡黙で、時に厳しく、時に本当の親のように接してくれる親方。

人の温かさを知ったノブ夫は、今までの自分と訣別するため親方の下で働く事を決意する。

「まず大事なのは格好」そう思ったノブ夫は理髪店に行き、自慢のリーゼントをバッサリと切り落とす事にした。

「本当にやっていいんですか?」
そう聞いてくる店員にノブ夫は誇らしげに応える。
「今日から俺は生まれ変わるんだ。門出の日に相応しくバッサリやってくれ!」

店員がハサミを入れる度に自分が変わっていく予感がするノブ夫。その目にはこれから始まる新しい自分を信じる強い意志が宿っていた。

の、ノブ夫ぐらいに髪を切りました。←だからノブ夫って誰だよ


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です