第4節 サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル

今節のサンフレッチェは負けるべくして負けた。そんな試合でした。

それはやはりここ数試合、いや潜在的にはもっと前から続いている戦い方に原因があるように思えます。

何回も書いてるのでそろそろ面倒くさいのですが、守る時はベタ引きになって相手に簡単に前までボールを運ばしてしまう。奪っても後ろなのでなかなかボールを前に運べない、ロングボールは合わない、詰められる、奪われる、ベタ引き。
選手の疲労は半端ないでしょう。ボールは保持できない、攻めきれない、奪われたら全力で戻るの繰り返しですから。

前回も書きましたが、何でこんなサンフレッチェになったの?

柏レイソルはセレッソとはまた違う、展開の速い攻撃を仕掛けます。というか、サンフレッチェがベタ引きなので簡単に前に運べるし、そこから少なく素早い手数で一気にゴール前に迫ります。そしてその精度の高い事、高い事。ただゴールという精度だけが少し良くなかっただけ。1-5で負けてもおかしくない内容でした。
まぁ柏も意外に守備がルーズなのでサンフレッチェも何度かチャンスはあったのですが、これも決め切れず。

決定的チャンスが柏の方が圧倒的に多かった分、点が多く入った感じです。

さて、現在のサンフレッチェの戦い方が魅力的とはいえないというのは分かっているので選手に目を向けると、それなりに全員頑張っているとは思います。でも攻撃の時の枚数の少なさは如何ともし難いですね。

私の偏見が多分に入っているのを承知で言わせてもらいますが、本当にムジリがアカン。誰にも合わないパス、攻撃を遅らせる無駄なキープ、そして囲まれて奪われるプレーにはもうイライラしっ放しです。そして李が好きなのは分かるが、それ以外にフリーな選手がいるだろ?と思うのに無理やり李に通そうとするパスには絶望します。それが全然上手くいってないし。

確かに李とムジリが個人能力に優れているのは分かりますが、私は彼らに惚れたのではなくサンフレッチェの試合に惚れたのです。サンフレッチェの戦い方に魅力を覚えたのです。
どんなに個が優れていていもチームとして機能していない以上は外して欲しい。佐藤寿人、李、ムジリの3人で点が取れる気配がありませんし、ここまで結果が出ていない以上、メンバーを変える必要があると思います。

という事で寿人、山崎、高萩。この3人でやってみてもらいたい。(寿人は絶対!)
今節も後半の最後に山崎が出ていましたが、彼ならボールを貰いにいけるし前線での守備も出来ます。気の利いたプレーが出来ます。
高萩は好不調の波が激しいですが、ムジリを観るより全然良い(個人的に)。

あ、でも次節は森崎和が戻って来れるので寿人、浩司、高萩(山崎)も良いかな。

現状、距離感が悪くコンビネーションが全然出来ていないので「サンフレッチェらしさ」を体現できる選手で組むべきだと思います。

あと中島は休養が効いたのか、だいぶ良くなってきました。後ろからすっとボールを持ちあがっていけるあの能力はやっぱり良いアクセントになるので次もこの調子でお願いしたい。

次節は福岡戦。最近調子が上がってきたのか、今節はあの大宮にも勝利しています。
嫌な時に調子を上げてくれたものですが、もう一度気合いを入れ直して臨んでもらいたいものです。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です