第19節 ガイナーレ鳥取 vs FC東京

まぁ圧敗するとは思いましたが、ここまで手も足も出ないとは…。

もうここは切り替えるしかないデスよ、と思うしかありません。

戦力で格段に劣る鳥取が唯一勝てる部分がチーム戦術だと思ってましたが、久し振りに観た東京はかなり組織力も上がってきてる印象。個々の能力で劣る上、チームの組織力でも勝てないとなると「右の頬をぶたれたら左の頬も強制的にぶたれる」状態。←何を言ってるのだ?

今節は選手個々について書き記してもナンセンスというか、全員が負けてたのでどうしようもないデス。唯一、実信だけは少し東京の選手を慌てさせてました。あの辺のメンタルの強さと判断の速さはさすがミスターガイナーレでしょうか。

あと加藤だけは本当にキツイ。前節も書きましたが、視野が狭いので難しいパスしか出せないので相手に奪われる率が高過ぎます。丁東浩に早く戻ってきてもらって右に東浩、左に奥山という布陣にしてもらいたい。

今節は絶好調になりつつあるFC東京と対戦した不運というのもありますが、目指す高みが垣間見えたという点でも選手の意識改革になって良かったかもしれません。(と無理やりポジティブに…)

次は負けていないホーム戦ですので、もう一度ボールを丁寧に繋いでいくサッカーを展開して私が好きになった鳥取らしさを取り戻してもらいたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です