第18節 ガイナーレ鳥取 vs 大分トリニータ

前節、湘南に完勝しその勢いのまま大分を破り連勝を飾りたかった鳥取ですが、結局ほとんど良いところなく破れる結果となりました。

相手がどうこうというよりも鳥取の状態が悪すぎました。2失点ともパスミスからという、ほとんど自滅に近い内容で前節の流れを全く感じさせない戦いぶりには少し萎えました。なんでかなー。

特にフィニッシュに行く前にボールを奪われる辺りは、数戦前のサンフレッチェを観てるようなデジャヴを覚えます。スカパーの解説者も言ってたように、出し手と受け手の呼吸が合わない、攻守の切り替えが遅い、生命線の運動量が乏しい、となかなか持ち味が出せませんでした。

狭い場所、難しい場所にパスを出すから、受け手もギリギリのプレーに迫られ、余裕が無い感じ。そもそもパスが通らなかったし。

慣れたホームで上手く切り替えてもらいたいです。

さて、選手についてですが、まず加藤。2失点ともに絡むミスを犯しました。何度か彼のプレーを観てますが、良さが未だ見れない。視野が狭すぎます。早く丁東浩の復活が望まれます。というか、彼は今どこ?

癒しキャラ奥山は相変わらず前線へ、後ろへと奮闘してました。彼にもう少しフェイント技術があれば相当な存在になれるのに…。

服部、喜多ともにパスミスを連発してました。後ろの組み立ての段階からミスをしてたらリズムも出ないですよね。特に服部はらしからぬミスが目立ったので少し心配。

決定的シーンを何度か作った実信。カウンター発動の時にそのままシュートまでいって欲しかったけど、チーム状態が悪い中にあって頑張ってたと思います。

途中出場のハメドは得意のドリブルでしっかりと流れを変えてくれました。この調子なら鳥取にとって大きな武器となり得ます。

サンフレッチェがガンバにボコボコされ、ガイナーレに希望を託すもサンフレッチェ以上に良いところなく破れ、どよーんと落ち込んでしまいますが、幸いにも明日には次の試合がありますので、ホームでしっかりと勝利を掴み取ってもらいましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です