第16節 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ

うわー等々力かー、うわー等々力かー、の第16節。

変わらず完敗を喫してしまいました。

ボールは支配できるのですが、ゴールに至るまでの最初のパスでのミスが頻発してどうしようもなかったですね。

1失点目はまさに点で合わせるというのでしょうか、サイドからのダイレクトクロスにピタッと合わせた矢島選手を褒めるべき。あれが入りますか…。2点目も素早いカウンターでサンフレッチェのDFが戻りきる前にクロスを上げられフリーの菊池選手が決めて2点目。

どちらもお手上げの川崎クオリティだと思います。

で、我らがサンフレッチェはというと、2失点とも奪われてからの素早いカウンターでやられました。この2失点以外にも決定的にヤバいシーンを幾度か作られています。つまるところ、ビルドアップの途中で奪われるからカウンターを喰らってるわけです。

今節で目に付いたパスミスは、中島、トミッチ、森崎和、浩、森脇、盛田、李。

あ、ほぼ全員だ。

シュートで終われないから、ゆっくり戻れない、迎撃態勢を整えられない。まして川崎の鋭いカウンターがあるから奪われた瞬間、全力で戻らないといけない、疲弊して質が落ちる、という悪循環に陥ってる感じがします。ここ2試合はそんな感じです。

あと山岸のボールに対する執着心の無さも気になります。かといって服部も淡白だし。現状、ミキッチが右で石川が左の方が上手く回るような気がします。

それからトミッチと森崎浩司を出したかったのは分かりますが、森崎浩司の前は良くなかったですね。慣れたポジションとはいえ、今年は後ろばっかりでしたし、コンビネーションが合ってなかったです。まだ高萩を先発で使った方がスムーズだったかな、と。

李は13節の鹿島戦でも気になって書いたのですが、やはりちょっと調子が落ちてきてますね。それか周囲とのコンビが合わなくなってるのか。少し気になります。

ムジリは、まぁ途中交代要員で良いでしょう。

ここ2試合、ゴール前への攻撃に移るパスでミスが連発して相手に脅威を与えるような試合が出来ていません。

これで崩れて勝ち点を取りこぼしていくようでは、やはり最終的に中位ぐらいの順位で落ち着きかねません。踏ん張りどころだと思います。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です