第15節 ガイナーレ鳥取 vs 京都サンガF.C.

しばらく勝利から遠ざかってるガイナーレ。善戦はすれども得点が遠い感じ。
しかし今節は同じく、というかガイナーレよりも不振にあえぐ京都サンガ。ここは何としても下位チームからしっかり勝ち点が欲しいところでした。

試合は前半の序盤、京都の猛攻に晒されるガイナーレ鳥取。奪ってもすぐに奪い返され、ショートパスから反対サイドに振られてゴール前まで持ち込まれる危険なシーンが続きます。

まぁこういう時間帯は必ずあると思ってましたから、冷静に耐えて失点しなければ良いと思ってました。案の上、試合が落ち着いてくると徐々に鳥取のペースに。

実信、小井手、吉野を中心に京都ゴールに迫る鳥取。圧倒的に攻めるのですが、相手のGKの堅守もありどうしてもゴールを奪えません。

前半の終盤には連続してコーナーキックを奪うも弾き返される鳥取。そして3度目か4度目かのコーナーキック。相手DFの中途半端なクリア(パス?)を見逃さなかった実信が猛然と飛び込みシュート。ボールは低い弾道を描き、何度もファインセーブをしてきたGKの手をすり抜けゴールに突き刺さります。遂にガイナーレ待望の先制点。

前半はそのまま終了。良い時間帯に良い選手が得点をしてくれました。

後半に入ると得点を奪おうと前に出てくる京都と耐える鳥取。
しかし前半と同じくゲームが落ち着いてくると支配するのは鳥取。落ち着いてボールを繋ぎながら京都に主導権を渡しません。

後半36分には相手DFの不用意なパスをカットした小井手がそのままドリブルで持ち込み、キーパーの頭上を越すループシュートを決めて追加点。京都を突き放します。

最後、なりふり構わず攻める京都に一点を返されますが、試合はそのまま終了。ガイナーレ鳥取が2-1で久々の勝利となりました。

得失点差を考えた時、最後の失点は本当に余計でしたが、とりあえず勝てた。それもホーム初勝利という事で良しとしましょう。

という事で選手ですが、まずは私にとっての癒し系、奥山。相変わらず良かったです。何度もドゥトラとやり合ったのですが、全然負けてませんでした。積極的な攻め上がりも観れましたし、1回ぐらい「あの」またぎフェイントも披露してくれました。途中、怪我で交代したんですかね?問題なければ良いのですが。

それから実信。ホームだから?エラい良い動きしてましたね。ここ最近、運動量はあるのですがパスの正確性に欠けていたのですが、今節はパスミスはほぼ無く、前半には相手に囲まれてもボールを奪われず、積極的なシュート、前半終了間際には得点まで決めました。ほぼパーフェクトな働きだったのではないでしょうか。これが毎試合出せれば良いんですけど…。

吉野、小井手も良かったですね。吉野は前線と後方の繋ぎとして利いてましたし、小井手も前線でのキープ、ドリブル、何よりゴールという結果を出しました。

点は決めれませんでしたが、1トップの阿部。ポストプレイとしての役割としては十分な働きだったと思います。競り合いにもほぼ勝ち、冷静にボールを味方に渡し、惜しいながらもシュートも放っていました。正直、梅田が戻ってきても阿部を使い続けてほしい。

調子の悪い京都とはいえ、J1に居た頃とあまり変わらないメンバー。その京都相手に堂々と試合を支配し、勝ち切ったのは自信を持って良いと思います。

次は愛媛FC。今日のFC東京戦を後半から観る限り、全然相手にヒケを取らない試合をしていました。
手強いとは思いますが、今日のような冷静な試合運びで勝利をもぎ取りましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です