第13節 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

李、森脇、森崎浩が戻ってきた今節。
相手は絶対王者とはいえ、ACLを戦ってきて疲労困憊、それも調子が上がらない状態。ここはどうしても勝っておきたいところでした。

結果は試合序盤に先制するも、すぐに追い付かれ、一進一退。
悪天候の中、多少のミスはあるものの、見応えのある試合でした。

このまま試合終了かと思われた後半ロスタイム。
森脇のボールを受けた森崎浩が相手に詰められながらもシュート。ボールはゴールの左隅にピタリと収まり、勝ち越し。

最後、ゴール前でフリーキックのチャンスを与えてしまいますが、西川が跳ね返し、最後は野沢選手がこぼれてきたボールをゴール左に外して試合終了。

前節敗れはしたものの、今節は調子の上がらない王者にキッチリと勝つ強さを見せてくれました。

そうはいっても鹿島はやっぱり鹿島でした。
李が決定的な2点を決め損なった直後に点を返すと、そこからは鹿島のペース。前線からのプレッシャー、それが掛からないと自陣まで引いて鋭いカウンター。そのカウンターも一気に何人も飛び出すところが怖い。

それにしても大迫選手は先制点のクロスボールはありましたが、それ以外はあんまりよくなかったですね。フェリペ・ガブリエル選手は苦しめられました。でも前プレの鬼、マルキーニョスほどの脅威ではなかったですけど。私の好きな野沢選手は目立たなかったです。よしよし。

サンフレッチェですが、森崎浩司。もう言わずもがな。言う事ありません。2点とも凄いミドルでした。

森崎和の読みも本当に凄い。彼がボールを持つだけで物凄い安堵感です。

ミキッチは相変わらずキレてましたね。なにやら足を少し怪我したみたいですが、大丈夫でしょうか。今、彼がいないと戦力がガクっと落ちてしまいます。

李は決定的なチャンスを外したり、らしからぬミスをしたりと少し気になりました。このまま調子を落とさねば良いのですが…。

ムジリはやっぱり前節と同じくボールを持ち過ぎでしたね。あんまり彼の居る意味がありませんでした。まぁ交代で入った高萩もアレだったので何とも言えませんが。

森脇は非常に残念!なんであれがレッドカードなのか?せいぜいイエロー程度ではなかったのか?ちょっと審判の判定には疑問があります。
最近の森脇は(多少のパスミスはあるものの)守備の安定感は抜群だし、良い場面での飛び出しや鋭いパスを通すなど存在感が著しいだけに非常に痛い。

横竹は慣れてきたのか無難なプレイに終始。良くも悪くもなし。プレッシャーの無い時には自分で持ち出すなど、もう少しチャレンジして欲しい。

後半から入った石川はガムシャラでしたねー。短い時間でのアピール、結果が欲しいでしょうからどうしてもあんなテンションになるでしょう。すんなり試合に入れたし、良い動きもしてたんでそろそろスタメンという色気も出そう。

佐藤寿人、相変わらず良いと思うのですが、最近途中交代が多いですね…。ボールもしっかり収められるし、気の利いたディフェンスもするし、一発で相手を置き去りにする速さはあるし、彼は90分間残しておいて欲しいんですけどねぇ。それだけが少し不満。

さて、これで前節敗れたものの、今節はしっかりと勝利を手にして(暫定でしょうけど)4位まで来ました。
このまま上位に喰らいついて本当に優勝争いが出来れば幸せですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です