第13節 ガイナーレ鳥取 vs 水戸ホーリーホック

2連敗で迎えるホーム。
出来れば勝利で勢いを取り戻したいところでしたが、結果は1-1の引き分け。それも今回はギリギリ引き分けれた、といった感じの引き分け。

前半はホームらしくアグレッシブに攻めて水戸を押し込み、早い時間に丁東浩の折り返しを実信が押し込み先制。非常にクオリティの高い攻めを見せましたが、そこから水戸が盛り返してきます。

いわゆるピッチを広く使ってボールを散らしながら攻める水戸に果敢に守備にいくも上手くかわされボールを前に運ばれます。それでも鳥取はギリギリのところで粘り、少ないながらもカウンターで決定的なチャンスを作ったりもしましたが、お互い決めきれず。

前半リードで終わるかと思われた終了間際、左サイドからのセンタリングを常盤選手がヘディングで決めて痛恨の失点。

実況さんの「後半の水戸は良い」の言葉どおり、後半はほとんどの時間で試合を支配する水戸。
鳥取も懸命に守りますが、相手の方が出足が鋭く何度もピンチを招きます。鳥取はボールをクリアーするものの、セカンドボールを拾われて波状攻撃を受けるという悪循環。

これはダメかもなぁ、と思いましたが、水戸の方も決定力がイマイチで結局そのまま試合は終了。3連敗は避けることができましたが、今まで観た中では負けに等しい引き分けだったと思います。

前半は選手の動きも良く連動してボールを持ち出していましたが、運動量で圧倒され始めると手も足もでなかったですね。まぁ原因は単純にボールの預けどころが無い事だと思いますけど。

久し振りにハメドを見ました。怪我だったのかな?
解説の方も言ってましたが、もっとドリブリで相手に突っかけるプレーが欲しかったですね。

それから後半の終わりに交代で入ったドド。何か聞いた事あると思ったら、昨年はガンバにいたらしいですね。新加入なのかな?
もし彼が使えるなら一度梅田と先発を代えて欲しい。梅田は多分前線に張ってボールを収める役目なんだろうけど、全く収まってなかったですね。というか競り合ってもなかったような…。ちょっと彼が前線ではボールの収めどころが無くてキツい。

サイドバックの丁東浩、奥山は運動量も多く頑張ってましたね。特に丁東浩は終盤、バテバテであっさり突破されたりしてましたが、結構頑張ってました。

実信はゴールは素晴らしい動きでした。グッジョブ!
彼の役割としては色んなところに顔を出しながらボールを捌いてリズムを作るのだろうけど、もう少し確実なプレーをしてもらいたい。そのまま相手に渡ってリズムを崩す事も結構ありました。

今節は自分達がボールを支配できず苦しい展開でした。
中盤でもプレスがかからず、やっとクリアーしたボールは単純に遠くに蹴っただけで、すぐにまた相手に攻められるという観ているこっちも息苦しい試合でした。

当初はJ参戦という勢いがありましたが、ここに来て少し失速気味。
ここが踏ん張りどころだと思うので、もう一度自分達の組織的なサッカーを展開して挑んでもらいたい。頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です