第11節 ガイナーレ鳥取 vs ジェフユナイテッド千葉

地力で勝る相手を最後まで苦しめ、「鳥取手強し」を印象付けることは出来たかもしれないけど、最後の最後に勝ち点1を逃した試合でした。

千葉の戦い方は明確で、とにかくオーロイ選手目掛けてボールを蹴る。それにサイドの深井選手や太田選手が絡んで攻めてきてました。鳥取はもちろん承知しているものの、こぼれ球を上手く拾えず、そして何より選手の地力で勝る千葉の方が圧倒的にボールを支配する展開。

鳥取もロングボールを何度も何度も跳ね返してましたが、それ以上に有効な攻めがなかなか出来ず、前半はシュート0で終わります。でも、千葉の攻めが単調だったというのもあり、そこまでやられたという訳でもなく「相手のプレッシャーに負けて自分達で焦って難しくしている」といった感じ。

後半の最初、少し攻撃の意欲を見せてあわやのところまで行ったりもしますが、徐々に千葉に押し切られてくると前半ほどではないにせよ、やはり千葉の時間帯が続きます。攻撃の厚みや良い攻めは鳥取の方が良かったですけど、圧倒的にその数が少ないので決めるのは難しかったと思います。

千葉の方も執拗にオーロイ選手を目掛けてそこからの攻めを繰り返します。もうそれはストーカーのごたる…。

試合は後半のロスタイム、セットプレイでオーロイ選手に釣られた選手の裏に入ってきた米倉選手が頭で押し込んで決勝点を挙げ、その執念を実らせます。

鳥取はDFが踏ん張り、何度もボールを蹴り返すもセカンドボールを千葉に拾われて結局また攻められるという悪循環を繰り返していました。もう少し我慢してボールを回せるようになると相手のペースをこちらに引き寄せる事もできるのでしょうが、ちょっとダメでしたね。前線の選手は試合の終盤まで千葉のDFにプレッシャーを掛け続けて良い仕事をしてるんですが、肝心の攻撃が上手くいきません。

服部ともう一人、ボールを持てる選手がいれば良いんですけどね。それこそ千葉の佐藤勇人選手とか。

もう少し自分達の時間が作れるようになるとJ2の上位も狙えると思うんです。頑張れ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です