サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡(練習試合)

Jリーグ再開の目処が立たない中、サンフレッチェと福岡の練習試合があるとの事で行ってきました。もちろん義援金寄付も出来るだろう、という思惑もありましたが。

で、メインスタンド入り口にある募金箱(樽?)に少しでも役立てばと願いを込めて寄付。久し振りのサンフレッチェの試合を観る事が出来ました。

試合は2-0で広島の勝利。
これがリーグ戦だったら、と勝った人間らしい都合の良い思いを抱えつつ、試合内容を振り返ります。

序盤はいつものように前線からの守備にあわや!となってしまう場面を作られるサンフレッチェですが、徐々に自分達のペースに持ち込むと、右に左にとボールを散らしながら相手ゴールを脅かします。と言っても福岡もしっかり守備をしているのでなかなか危険なパスを通すことが出来ず、ゴール前の攻防というのは時折しか見られません。

不用意なパスを奪われてカウンターを喰らう場面も見られましたが、(特に)西川を中心に集中した守備でゴールを割らせません。

リズムをこちらに引き寄せてきた広島は、そこまで目立たなかったムジリがペナルティエリアまで抜け出して相手に寄せられながらも反対サイドまでクロス。それをフリーになっていた李忠成が決めて1点先制。

後半は30分過ぎまでは奥さんが「眠たい」という程グズグズな内容。お互いシュートが少ない上、パスミスが多く締まらない内容が要因だと思います。

それでも最後は誰から誰とは覚えていませんが、最後はムジリに渡って角度のないところからのシュートが決まり2-0となって終了。

第2試合がその後あったみたいですが、そのまま観ていたら奥さんの機嫌が悪くなりそうなのでそそくさと帰りました。

選手個々でいくとまずムジリ。なるほど、結構な動かない具合でしたね。相手を追うにしろ形だけというかランニング程度というか…。
確かにボールを持つと奪われない上、フリーな選手へのパス精度の高さも見せてくれました。この武器は相当なもの。試合が進むにつれ、ムジリにボールが入る度に客席からも「おー!」という歓声が上がっていましたし、ハマれば相手を翻弄してワンサイドに持っていける可能性もありますが、何しろ動かないからな~。上位チームにマンツーマンでマークとかされたら、あっさり存在を消されそう。さしずめ動かない柏木陽介といったところかな。

先発で使って、「今日のムジリはマークされて全然ボールが持てない」となったら前半途中や後半頭から替える作戦でいけば多少使い道があるかしら?

李忠成は相変わらず好調を維持していました。このままいけば日本代表の常連に名を連ねる事も夢じゃなさそう。

青山はまだ調子が上がってなさそう。不用意なパスミスが多かったですね。

ミキッチはもう凄いの一言。恐らく一番走ってるし守備へ攻撃へと切り替えが早かったですね。

森脇は目立ったミスもなく無難にこなしてたかな。対人の強さはしっかりと見せてました。
また日本代表に選ばれたみたいですが、選手というよりもある種の盛り上げ役に比重が多いような選出に見えました。それだけではないという事を証明して欲しい。ただ、正直まだ代表と胸を張れる程のレベルにはなってないと思うので、森脇らしい反骨心でもう一段レベルアップする事を期待。

トミッチは後半途中から出場してましたが、あまり目立ってなかったのでよく分かりません。が、時折気の利いたプレーをするのでこれからに期待ですかね。

早く当たり前の日常に戻れますように。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です