アジアカップ 準決勝 日本 vs 韓国

なかなかの試合でしたね。

前半は日本、後半は韓国といった試合内容。

特に前半は完全に日本ペースで、韓国も時折単発で攻めては来ますが、日本の速いパス回しにキリキリ舞いといった状態。手放しで誉めれる内容だったと思います。

もちろん決めるべきところ、前田のフリーの時や香川のドリブリでの持ち出しの時にしっかりと決めていればこんなに苦しむ事は無かったと思いますが、決定機の数や質、攻め方など今大会で随一だったのではないでしょうか。

逆に後半はしっかりと修正してきた韓国に圧倒されます。
特に前線への放り込み→ことごとくマイボールにしてゴリゴリとフィジカルを活かしてくる攻めに日本は防戦一方。

1-1で迎えた延長戦もほとんど韓国に支配されますが、ラッキーなPKにより日本がリード。それを守れれば良かったのですが、最後の最後で意地の一発を決められ同点。

やっぱり何だかんだともつれる日韓戦はPK合戦に突入。
ここで川島に神が降りてきたのか、最初の2本を止め、3人目はコースを外して失敗という0-3のスコアで日本が勝利をもぎ取りました。

観てる方としては(審判のレベル云々はあるにせよ)非常に熱い戦いでした。

ただ、どうしても気になるのはやはり後半ですよねぇ…。

後半の苦しい時間帯にザッケローニ監督がどうやって修正してくるのか期待していましたが、後半の終盤まで動かなかったのは解せませんでした。

そして交替で入ったのが細貝。何で細貝?

私の細貝に対する評価って「よく走るだけ」の選手なんですよね。
結果として、PKのこぼれ球を押し込む仕事をしたから「よくやった」的になってますが、正直あの交替はどうにも腑に落ちません。

ああいう時こそ柏木じゃないのかしら?
中盤でガシガシ走る、ボールをキープできる、捌ける。要するに試合のペースを変えることが出来るのが柏木じゃないでしょうか?

そして他の交替選手が伊野波と本田(拓)。本田は長谷部の離脱で仕方なしとしても伊野波?

劇的に勝ったから良かったものの、どうにも自分達で試合を難しくしていったような感じがしてなりません。

まぁDFが不安定なのは選手が少ないので仕方ない話ですが、いずれにせよあの交替は「無し」の気がします。

前半の戦いは非常に魅力的でした。
これが90分続けば良いのですが、どこかで難しい時間が必ず来ると思います。その時に今回のような交替だと、ただ耐えるだけでズルズルと悪い方向に行きそうな気がします。

決勝はオーストラリア。
韓国以上に放り込みと高さを活かして攻めてくる苦手なタイプですから、ハイボールやセカンドボールの対応が特に大事になってくるでしょうね~。

吉田が戻るのかな?それとも岩政?
どちらにしろ川島とのコミュニケーションをよく図ってもらいたいものです。昨日の試合も危なっかしい連携ミスが散見されました。(川島はもっと飛び出して欲しい…。)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • 韓国戦、なかなか面白い試合でしたね。
    香川の骨折は今後のことも含めて心配ですけど。。。
    ザッケローニ監督の采配は多分にギャンブラーですね。
    テトリスに飽きてきた人が適当にすきまをあけてブロックを積み上げて、自分で自分を追い込んでおいてその状態を楽しむ。
    その追い込むレベルの設定が上手な人なのかなあ、とお見受けしました。

  • >DC5さん
    そのまま積み上げ過ぎてゲームオーバーにならないようにしてもらいたいですね~。

    香川、ここへ来ての離脱は痛いです。特にオーストラリア相手だと香川のようなタイプは活きそうなのに…。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です